アリストコートクリーム画像

アリストコートクリーム

アリストコートクリームはアトピーをはじめとするアレルギー症状や炎症に効果を発揮する軟膏(塗り薬)です。
現代社会ではアトピーやアレルギーの悩みを抱えている人が増えています。
皮膚の炎症がもたらす湿疹やかぶれ、さらには熱傷や凍傷、円形脱毛症などへの効果も期待できます。


製 品 名:
ARISTOCORT
製 造 元:
Wyeth(現ファイザー)
薬効分類:
アトピー治療剤
一 般 名:
トリアムシノロンアセトニド
含 有 量:
0.02%
内 容 量:
15g×3本
発 送 国:
タイ(発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
アリストコートクリーム 3本 [タイ発送] ¥3,200¥3,100カートに入れる
アリストコートクリーム 6本 [タイ発送] ¥4,600カートに入れる
アリストコートクリーム 3本 [SG発送] ¥3,950¥3,900カートに入れる

アリストコートクリームの効能

アリストコートクリームの主成分はトリアムシノロンアセトニド。
副腎皮質ホルモンの一種で、炎症とアトピーに優れた効果を発揮します。
副腎皮質ホルモンはアトピー、アレルギーへの即効性の高さが大きな魅力です。
アリストコートクリームは比較的軽度なアトピー、アレルギー向けに開発された製品で、効果の強さのレベルでは5段階中、下から2番目の4群に分類されています。
そのため、副作用のリスクも少なく、また顔や首といったデリケートな部分にも使用できます。
アトピーは、特にこうしたデリケートな部分に症状が表れることが多いので、アリストコートクリームはとても重宝されています。

アリストコートクリームの使い方

使用量はアトピー、アレルギーのタイプや症状によって異なりまが、通常は1日2~3回適量を患部に塗布します。
注意点としては間隔を詰めて塗らないこと。
アトピーやアレルギーの悩みを抱えている人は、注意点に気を付けつつ、アリストコートクリームを使用してください。

アリストコートクリームの副作用

副作用や注意点としては、トリアムシノロンアセトニドそのものへのアレルギー反応の他、皮膚への刺激、発疹、さらにカンジダ症や白癬菌といった真菌の発症などが挙げられます。
アトピーやアレルギーの悩みを抱えている人は、注意点に気になる症状が現れた場合はすぐに使用をやめて、医師や薬剤師に相談しましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
スパゾル
スパゾル
頑固な爪の水虫「爪白癬」を治療する内服薬です。外用薬では治りにくい爪の水虫、角化型の水虫などに対して有効です ※スポラルのジェネリック薬です。
エムラクリーム
エムラクリーム
神経を一時的に麻痺させて痛みを感じなくさせるクリーム状の表面麻酔剤です
ベトネベートクリーム
ベトネベートクリーム
ステロイド剤「吉草酸ベタメタゾン」が成分の外用剤で、皮膚の炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。
コスメライトクリーム 20g
コスメライトクリーム 20g
コスメライトクリームは紫外線による表面に出来たシミに効果的です。
ハイドロキノンクリーム
ハイドロキノンクリーム
美白や美肌に効果を発揮する成分で主にしみ・くすみ・そばかすなどの肌トラブルに効果のある成分です

アリストコートクリームの口コミ効果

クチコミを書いて100ポイントゲット!クチコミをかく!

function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->