ボルタレンジェネリック50mg画像

ボルタレンジェネリック50mg

ボルタレンジェネリックは解熱鎮痛薬であり、痛みや炎症を抑えます。
手術後や抜歯後、リウマチやヘルニアなどに効果があります。
※内容は同じですがメーカーが異なります。


製 品 名:
DiclofenacAL50 / Dikloron50mg
製 造 元:
Aliud Pharma / Deva Holding A.S.
薬効分類:
鎮痛薬 (アントラニル酸系)
一 般 名:
ジクロフェナク 50mg
日 本 名:
ボルタレンジェネリック50mg
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ボルタレンジェネリック50mg100錠 1箱[香港] ¥3,400カートに入れる
ボルタレンジェネリック50mg20錠 5箱[SG] ¥3,400カートに入れる

ボルタレンジェネリック50mgの特徴

ボルタレンジェネリックは、痛み止めなどで使用する「ボルタレン」のジェネリック医薬品です。ジクロフェナク配合の解熱鎮痛薬であり、痛みや炎症を抑える効果があります。

ボルタレンは、世界約130カ国以上で使用されており、世界的にも信用のある薬です。
痛みや炎症を起こす物質のひとつにプロスタグランジンという物質があります。ジクロフェナクはこのプロスタグランジンの合成を阻害することで、症状を和らげる効果があります。

ボルタレンジェネリックは、関節リウマチ、ヘルニア、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕(けいけんわん)症候群、神経痛、月経困難症、膀胱炎、歯痛などに効果があるとされています。

ボルタレンジェネリック50mgの成分

ジクロフェナク 50mg

ボルタレンジェネリック50mgの用法用量

●手術ならびに抜歯後の鎮痛・消炎
成人はジクロフェナクナトリウムの1日量力価に換算して75~100mg(1.5~2錠)を原則として3回に分け服用してください。
頓用する場合には25~50mgを服用します。

●下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
成人はジクロフェナクトリウムとして1回量25~50mg(0.5~1錠)を頓用してください。
なお、年齢、症状により適宜削減してください。
原則として1日の最大量100mg(2錠)を限度とします。

※空腹時の投与は避けるようにしてください。

ボルタレンジェネリック50mgの副作用

胃腸障害、腎障害、肝障害、過敏症、中枢神経障害、アスピリン喘息、血液障害などがあります。
とくに胃痛の症状が出やすいので、胃の弱い方は食後に多めの水を飲むなど注意が必要です。

ボルタレンジェネリック50mgの注意事項

●本剤の服用中は車の運転など、危険を伴う機械の操作はしないでください。
●本剤の成分に対し過敏症を発症したことがある方は、ご使用をお控えください。
●本剤を使用される際は、医師にご相談の上使用するようにしてください。
●湿気をさけ、室温(1~30度)で保存してください。
●本剤は海外医薬品であり、海外の製造基準によって製造されています。
●身体に異常を感じた際は、速やかに医師へご相談ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ポンスタン
ポンスタン
解熱効果が高く、のどの痛みを伴う風邪にも使われます。
インフェンプラスター30mg
インフェンプラスター30mg
非ステロイド系の鎮痛消炎剤です。炎症の痛みを和らげ、外傷後の腫れや痛みの改善に用いられます。
イミグラン
イミグラン
血管内壁のセロトニン受容体に働き、拡張した血管を収縮させることにより片頭痛をやわらげる。
ナラトレックス(アマージジェネリック)
ナラトレックス(アマージジェネリック)
炎症を起こす物質の放出を抑えて血管周囲の炎症を抑え、片頭痛を改善します。
プレガリカ
プレガリカ
プレガリカはリリカと呼ばれる薬のジェネリックです。神経障害性の疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の緩和に効果が期待できるとされています。

プレガリカの口コミ効果

評価4 4点  クチコミ数[件]

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

ランチさん
評価4
このボルタレンジェネリック50mgは、歯痛、頭痛など様々な痛みに効くのでよく服用しています。
ただし、同時に胃薬は飲まれた方が身体には優しいかもしれません。
私は頭痛がひどい時や、ひきはじめの風邪っぽい時、歯医者で治療を受けた後によく服用します。
服用すると結構すぐに効果が表れて痛みが和らいでいきます。だいたいこれさえあれば何でも治ると私の家族は信じています(笑)
また手元にある分がなくなったら、すぐに再購入します!
2018/12/17
ラグーンさん
評価4
4年前に子供を長時間抱っこしていたことから、翌日会社でぎっくり腰に…。それ以来腰痛持ち。少し、子供と走り回ったり、子供を抱っこしていると、あの不安な腰の違和感が…。その段階でボルタレンジェネリック50mgを使用すると、なんとか回避できます。腰痛のあの「ピキっ」とくるのは、本当にトラウマなので、ボルタレンジェネリック50mgと休養に徹します。やっぱりぎっくり腰…腰痛は1度なると繰り返すとも言いますし、いつも持ち歩いています。
2018/12/12
らんちゃんさん
評価5
職業病の腰痛と腱鞘炎の痛みを和らげるためにボルタレンジェネリック50mgを使っています。
酷い痛みがあるけど締切にどうしても間に合わせなければならないときなどには、ボルタレンジェネリック50mgがないと仕事が出来ないため大変助かっています。
それだけでなく、最近久しぶりに歯を抜いたのですが、その後の痛みもボルタレンジェネリック50mgのおかげでかなりマシになりました。
身体に何らかの痛みを抱えてる人は常備しておいて損はない薬だと思います。
2018/12/07
続きを表示
function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->