ジプレキサ 5mg/10mg画像

ジプレキサ 5mg/10mg

統合失調症や躁うつ病の治療薬です。
強い緊張感や不安感を和らげ気分を楽にしたり、うつ状態を改善したりと様々な精神症状に有効です。


製 品 名:
ZYPREXA 5mg / 10mg
製 造 元:
Eli Lilly
薬効分類:
抗精神病薬
一 般 名:
olanzapine(オランザピン)
日 本 名:
ジプレキサ錠
内 容 量:
28錠/箱
関連の薬:
エビリファイ 10mg/15mg
発送国:
タイ(発送完了から10-14日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ジプレキサ 5mg 1箱(28錠) 取り扱い終了
ジプレキサ 10mg 1箱(28錠) 取り扱い終了

ジプレキサ の効能

統合失調症、双極性障害(躁うつ病)

ジプレキサ の作用

ジプレキサは、神経伝達物質のドーパミンとセロトニンを抑制する作用で、統合失調症や、強い不安感や緊張感、抑うつ状態などいろいろな精神症状に用いられる抗精神病薬です。
有効成分のオランザピンがセロトニン受容体とドーパミン受容体を遮断することによって、脳内の情報伝達系の混乱を改善し、陽性症状(妄想、幻聴、混乱、興奮)と陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)の両方に良い効果を示します。
また、ジプレキサは国内唯一躁症状とうつ症状の両方に効果がある薬としても有名です。
薬の利きすぎによる躁転やうつ転が少なく安全性が高いものとなっています。

ジプレキサ の用法用量

《統合失調症の場合》
5~10mgを1日1回経口服用により開始します。その後、維持量として1日1回10mg経口服用してください。
年齢、症状により増減しますが、1日量20mgを超えてはいけません。

《双極性障害の躁症状の場合》
10mgを1日1回経口服用により開始する。
年齢、症状により増減しますが、1日量20mgを超えてはいけません。

《双極性障害のうつ症状の場合》
5mgを1日1回経口服用により開始し、その後1日1回10mgに増量してください。
年齢、症状により増減しますが、1日量20mgを超えてはいけません。

【飲み忘れた場合】
気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の服用時間が近い場合は1回分を飛ばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

ジプレキサ の副作用

立ちくらみ、めまい、眠気、口の渇き、便秘、尿が出にくい、動悸、体重増加など。

ジプレキサ の一般的注意

糖尿病、尿の出が悪い、腸疾患、緑内障、てんかん、肝臓病、低血圧、脳血管障害、心臓病、高齢、自殺願望、認知症などの条件に当てはまる方は本剤を慎重に服用してください。
必ず服用前に医師に相談するようにしてください。
飲み合わせが悪い薬や注意する薬があります。服用中の薬がある場合は市販薬でも医師に指示を仰いでください。
医師の指示なしに服用の中止や用量の変更を行わないでください。
服用後は立ちくらみを起こしやすいため、車の運転や高所での作業は避けてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
レデプラ(レメロンジェネリック)
レデプラ(レメロンジェネリック)
うつ病治療薬レメロンのジェネリック医薬品です。気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。
トピナジェネリック100mg
トピナジェネリック100mg
てんかん発作を予防する薬です。有効成分としてトピラマートを有しており、海外では片頭痛予防にも適応が認められています。
シトレス10mg/20mg(レクサプロジェネリック)
シトレス10mg/20mg(レクサプロジェネリック)
レクサプロのジェネリック!うつ病をはじめ、対人恐怖症、パニック障害などの精神的不安に用いられます。画像は20mgです。
ジプラシドン20mg
ジプラシドン20mg
統合失調症や双極性障害の治療薬!体重増加や糖代謝異常などの副作用がほとんどないのが特徴です。
トリプタノールジェネリック75mg(Amitone)
トリプタノールジェネリック75mg(Amitone)
気持ちを前向きにしてくれる抗うつ剤。うつ病やパニック障害、過食症などに処方されています。
function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->