カラゼピン200mg画像

カラゼピン200mg

カラゼピン200mgは、てんかん発作を予防したり気分の高ぶりを落ち着かせる作用がある向精神薬です。テグレトールのジェネリック医薬品になります。


製 品 名:
Karazepin200mg
製 造 元:
Terra Ilac ve Kimyevi Mad.ve Tic A.S.
薬効分類:
抗てんかん薬
一 般 名:
カルバマゼピン
日 本 名:
カラゼピン、テグレトール
内 容 量:
25錠/箱
関連の薬:
ガバペンチンケプラ500mg
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
カラゼピン200mg 1箱(25錠) [香港発送] ¥2,280カートに入れる
カラゼピン200mg 2箱(50錠) [香港発送] ¥3,320カートに入れる
カラゼピン200mg 3箱(75錠) [香港発送] ¥4,160カートに入れる

カラゼピンの効能・特徴

テグレトールはてんかん患者に処方されることが多く、長期に服用する向精神薬です。
テグレトールのジェネリック医薬品となります。

脳神経の興奮を鎮めることでてんかん発作を予防したり、気分の高ぶりを落ち着かせたりする薬なので、その他にも精神疾患の人たちの不安や興奮を鎮めることに使われることもあります。

てんかん発作を予防する薬であるため、長期間にわたって服用が必要な薬です。
ジェネリックを使用して、少しでも薬代が安くなれば、精神的にも金銭的にも負担にならずに安心して服用できます。

カラゼピンの成分

カルバマゼピン

カラゼピンの用法用量

カラゼピンは少量から飲み始め、効果が最もよく得られる量まで徐々に増量していきます。

最初はカラゼピンの主成分であるカルバマゼピンとして1日に200~400㎎を1回から2回服用することから始め、徐々に増量していきます。
症状によっては1日1200㎎まで増量ができます。

カラゼピンの副作用

カラゼピンは医師の指示通りに服用しなくてはなりません。
カラゼピン服用中のてんかん患者が自分の判断で服用を中止してしまうと反動で大発作を起こしてしまう可能性があります。

また、服用中の患者に多い副作用として頭痛やめまい、吐き気、倦怠感、口渇などがありますが、症状が強く出ている場合は服用量の調整が必要な場合もあるので、すぐに医師に相談する必要があります。

カラゼピンの注意事項

カラゼピンは医師の指示を守って服用することが大切です。また、服用中は定期的に受診し、効果や副作用のチェックをすることも重要です。

副作用として、めまいや眠気が報告されています。そのため車の運転などは控える必要があります。
その他、妊娠中の方や肝障害のある方、心臓疾患のある方、腎障害のある方、甲状腺の機能が低下している方、急性間欠性ポルフィリン症の方などは服用前に必ず医師に相談しましょう。
本剤及び三環系抗うつ薬過敏症や重篤な血液障害、第2度以上の房室ブロック、1分間に50未満の高度の徐脈、ポルフィリン症などの疾患を持つ人はカラゼピンを服用できません。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ジェネリックレスリン(トラザロン50mg)
ジェネリックレスリン(トラザロン50mg)
セロトニンの濃度を高める作用で、比較的軽いうつ病や睡眠の質向上に役立つ抗うつ剤です。
アナフラニールジェネリック(クロフラニル)
アナフラニールジェネリック(クロフラニル)
三環系タイプのうつ剤です。
うつ病や、遺尿症(おねしょ)ナルコレプシーの治療に用いられます。
セロクエルジェネリック 25mg/100mg
セロクエルジェネリック 25mg/100mg
統合失調症治療薬のジェネリック。気持の高ぶりや不安感などを弱め、気持を穏やかにする作用があります。
ミルネース50mg
ミルネース50mg
うつ病、うつ状態に対して用いられる医薬品です。この薬の効果・特徴としてはSNRIという、比較的新しいものに分類される薬となります。
D-Veniz(ジェネリックプリスティク) 50mg/100mg
D-Veniz(ジェネリックプリスティク) 50mg/100mg
うつ病の中でも他人から見てすぐにうつ病とわかるレベルの大うつ病の治療に用いられる薬です。
function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->