カブゴリン0.5mg画像

カブゴリン(カバサールと同成分)

パーキンソン病のお薬です。そのほか早漏治療、排卵障害や乳汁漏出症などの治療に使用されます。


製 品 名:
Cabgolin 0.5mg
一 般 名:
カベルゴリン
製 造 元:
Sun Pharmaceutical industries
薬効部類:
抗パーキンソン剤
日 本 名:
カブゴリン(カバサール)
内 容 量:
8錠/箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
カブゴリン 1箱(8錠)[SG発送] ¥5,920カートに入れる
カブゴリン 2箱(16錠)[SG発送] ¥9,670カートに入れる

カブゴリン(カバサールと同成分)の関連の薬があります。

カブゴリン(カバサールと同成分)特徴

カブゴリンはカバサールのジェネリック薬で、パーキンソン病の症状を改善する薬です。
現在では早漏治療や排卵障害・乳汁漏出症などの治療にも使われます。
パーキンソン病の原因は脳の中枢の黒質、線条体におけるドーパミン不足とされていますが、この薬はドーパミン受容体に働くことで症状を改善します。

カブゴリン(カバサールと同成分)効能

カブゴリンの効能・効果はパーキンソン病の症状改善、早漏治療、排卵障害や高プロラクチン血性排卵障害、 高プロラクチン血性下垂体腺腫(外科的処置を必要としない場合に限る)、産褥性乳汁分泌抑制です。

カブゴリン(カバサールと同成分)用法用量

用法は1日0.25mgから始め、2週目は0.5mg、以降経過を観察しながら1週間ごとに0.5mgずつ増やして維持量を定めますが、最大量は3mgとします。
1日1回、朝食後に服用します。

カブゴリン(カバサールと同成分)副作用

副作用は吐き気や食欲不振、胃の不快感、便秘などです。
まれにめまいや立ちくらみ、幻覚・妄想などの精神症状、肝機能値や血液成分の異常などが出ることがあります。
特に高齢の人は症状が出やすいので注意が必要です。

カブゴリン(カバサールと同成分)一般的注意

・持病やアレルギーがあったり他の薬を服用している場合は必ず医師に報告しましょう。
・妊娠中またはその可能性のある方も同様です。
・心臓弁膜に異常のある人は使用できません。
・高血圧の薬や安定剤との併用は避けた方が良いです。
・血圧が下がってめまいを起こすことがあるので車の運転などは控えましょう。
・薬の減量時や中止時には急激な体温の上昇や体の硬直といった悪性症候群になることもあるので注意しましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
カラゼピン200mg
カラゼピン200mg
てんかん発作を予防したり、気分の高ぶりを落ち着かせる作用がある向精神薬です。
ピモジド2mg
ピモジド2mg
心の不調や不具合を調整する薬です。統合失調症や子供の自閉症の治療にも用いられます。
ラミタックス(ロゼレムジェネリック)
ラミタックス(ロゼレムジェネリック)
「ロゼレム」のジェネリックで身体を睡眠に適した状態に移行させ、自然な眠りをもたらします。
オーロリックス 150mg/300mg
オーロリックス 150mg/300mg
【成分】 Moclobemide (モクロベミド)
トルボン30mg(ミアンセリン)
トルボン30mg(ミアンセリン)
四環系抗うつ薬で脳内のセロトニン量を増加させ、不安な気持ちや落ち込み、やる気の欠如を改善します。

トルボン30mg(ミアンセリン)の口コミ効果

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

function openwin() { window.open("https://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->