商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

トリキュラーとマーベロンの違いや比較

      2015/06/09

トリキュラーとマーベロンの違いと効果や副作用

低用量ピルは、日本で使用できる避妊法の中で一番確実かつ安全性が高い避妊方法といわれています。

トリキュラーとマーベロンの違い

また、妊娠を予防するだけではなく、他の効果を求めて飲むこともあります。

例えば、月経が不規則だったり、重い方が使用することによって月経を規則正しくする効果があります。また、子宮内膜症などへの治療効果があります。

さらに、子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなどのリスクを低減させるとされています。
そのほか、ニキビなどの肌荒れの改善にも良いとされております。

病院で低用量ピルを処方する場合、多くの場合はトリキュラーですが、マーベロンという低用量ピルも使用されることがあります。

病院を変えたことなどにより、異なる低用量ピルを処方されることもありますが、移行に際しては不安を覚える方もいることも事実です。

この2つの低用量ピルの移行について起こる問題は多くないのですが、両者の性質を良く知っておくことが必要です。

その違いですが、トリキュラーは第2世代3相性の低用量ピルで、マーベロンは第3世代1相性の低用量ピルです。
どっちが安全性高いのか?
トリキュラーは安全性が高いとされておりますが、マーベロンは、服用を始めた時期に吐き気などの副作用が起こりやすいという性質があり、使用の際には少し注意が必要といわれています。

大きな違いは含まれている成分の違いですが、どちらも避妊作用の面ではあまり変わりません。
一般的には、トリキュラーは、不正出血などが少なく、生理不順などに良く効くとされます。
マーベロンは、ニキビなどに良く効くとされています。

両方の効果、副作用をしっかりと理解して服用をしてください。

■T.O.Pは送料無料でお届け!SSL対応でセキュリティーも万全だから安心!
⇒国内処方の「トリキュラー」と同製品! トリキュラーの海外通販はこちら
⇒オルガノン社が開発した第三世代の1相性ピルマーベロンの海外通販はこちら

トリキュラー

 - ピルや女性用の薬

  関連記事

トリキュラーを飲み忘れ際の対処法
トリキュラーの避妊効果について

トリキュラーの避妊効果について 妊娠はおめでたいことですが、望まぬタイミングでできてしまうと人生が思わぬ方向に転がってしまう可能性があります。 そうならないために、欲しくないのであればしっかりと避妊すべきです。 避妊方法は色々あります。例えばもっともよく使われている避妊方法はコンドームでしょう。 簡単なうえに安価、しかも失敗率は極めて低く、避妊だけでなく性病予防の効果もあります。 ただし男性の協力が無ければ使えませんし、残念ながら嫌がる男性もいなくはありません。 では女性が主体でできる避妊方法にはどんなものがあるのでしょうか。 最近使用者が増えているのが低用量ピルです。 もともと避妊薬としてピルは昔からありましたが、副作用があるため避けられることがありました。 しかし低用量ならそういった問題をほぼ解決できます。 中でもトリキュラーは評判がよく、使用する人が増えています。 ピルは毎日正しく服用する必要があります。うっかり飲み忘れると効果がなくなることもあるのでその点は注意が必要です。 ではトリキュラーは飲み始めていつから避妊効果が出るのでしょうか。 これは飲み始めたタイミングによります。生理初日から飲み始めた場合はその日から効果があるとされています。 そうでない場合は2シート目から効果があります。 しかし、そもそも生理中の性交は衛生上あまり良いものではありませんから、なるべく避けたほうが無難です。 個人差はありますが飲み始めて2シート目から効果があると思っていれば間違いがありません。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒トリキュラーの海外通販はこちら

トリキュラー28を通販で購入するには
トリキュラー28を通販で購入するには

トリキュラー28を通販で購入する方が安い? 低用量ピルとは、全世界で1億人以上の女性が服用しているものです。 ピルと言うと避妊というイメージが強いですが、避妊目的以外でも使用している女性も多く、低用量ピルは服用をする事で女性自身で妊娠だけでなく月経をコントロールする事が出来ます。 日本でも人気のある低用量ピルでトリキュラー28などが挙げられますが、そもそも低用量ピルは保険が利くものから利かないものもあり医療機関によってかなり価格に差があります。 医療機関で行うのは簡単な問診と、場合によっては血圧測定だけなので特に問題の無い人や既に医療機関で処方してもらった経験のある人は個人輸入代行など海外通販を利用して購入した方がかえって費用を抑える事が出来ます。 毎日服用するものなので、ランニングコストが低いに越した事は有りません。 トリキュラー28は毎日飲む習慣をつけるため飲み忘れ防止のプラセボ(偽薬)が7錠含まれているタイプとなります。 ピルには1相性と3相性の2種類のタイプがあり、トリキュラー28は3相性のタイプになります。 1相性のものは、すべてが同じホルモン配合比で飲み間違えても問題がありません。 トリキュラー28の様な3相性のものは、ホルモンのバランスを人間のバランスに近づけてありプラセボを除いた21錠が段階的に3種類に分けられていますので、決められたとおりに服用しなければいけません。 飲み方としては3相性の方が気を使う必要が有りますが、3相性の方がホルモン量が少なく副作用が出にくいという特徴があります。 「トリキュラー28の海外通販」などでGoogle・Yahooで検索すると海外通販(個人輸入代行)業者がたくさん出てくると思います。 ただしトリキュラーなど低用量ピルは症状によっては用法用量は変わって来ることがあります。 しっかりと自分にあった用法容量を理解した上で個人輸入や海外通販などを利用して購入してください。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒国内処方の「トリキュラー」と同製品! トリキュラーの海外通販はこちら

トリキュラーを飲み忘れ際の対処法
トリキュラーを飲み忘れ際の対処法

トリキュラーを飲み忘れた際の対処法について トリキュラーとは低用量避妊ピルであり、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)の働きによって避妊効果を発揮します。 トリキュラーを服用する際には卵胞ホルモンの配合量は一定で変わりませんが、黄体ホルモンの配合量が6日→5日→10日と3段階に変わります。 トリキュラーは正しく服用すれば、99.9%パーセントの確率で避妊が可能です。 ここではトリキュラーの服用の注意事項について、ご紹介します。 トリキュラーは、その避妊効果を維持するために、飲み忘れをしないということがポイントとなります。 1日1錠を決められた順番に、ほぼ同じ時間に飲むようにしましょう。 食前でも食後でも、問題はありません。 あってはならないことですが、万一飲み忘れた場合には飲み忘れが24時間をを越えていない場合には気づいた時点で、直ぐに、飲み忘れた分を飲むようにしましょう。 そして、その日の分も通常通り飲んでください。 避妊のためにトリキュラーを服用している方が飲み忘れが24時間を超えてしまった場合には、服用を7日間中止して、別の避妊法に切り換えて下さい。 この間に月経が来ますが、この期間は避妊が確実でないために別の避妊法を併用するするようにしましょう。 7日間経過した後は、トリキュラーの新しいシートのピルの服用を開始して下さい。 避妊以外の目的でトリキュラーを服用している方に関しては飲み忘れに気付いた時に2錠飲み、その翌日からは予定時刻に1錠飲んだにでもOKな場合があります。 婦人科の先生の方針によって異なりますので、飲み忘れた場合にはかかりつけの医師や薬剤師に確認するようにしましょう。 また、服用の順番を間違えると、避妊効果の低下や不正出血が起こる場合がありますので注意が必要です。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒トリキュラーの海外通販はこちら

トリキュラーの販売元バイエル(Bayer)について
トリキュラーの販売元バイエルについて

トリキュラーの販売元バイエル(Bayer)について トリキュラーは、妊娠を防ぐ避妊を目的として処方される薬ですが、低用量経口避妊薬いわゆる低用量ピルとして使われる代表的なものです。 不正出血がおこりづらいので生理のコントロールがしやすく暮らしのスケジュールも立てやすいのが特徴でもあります。 また、個人輸入・通販を利用すれば医師の処方が無くても購入が可能であり、入手しやすい点も好評となっています。 こちらの商品を自分で個人輸入・通販を利用して購入する前には、あらかじめ成分やその効果などを詳しく知っておくことが大事です。 なお、国内の医療機関で処方を受ける場合は、健康保険が適用されません。 トリキュラー錠として販売しているのが、製造販売元であるバイエル薬品株式会社(Bayer)です。 使用期限は、製造年月からだと未開封の状態で5年間となっており、箱から出したシートの状態になると6か月と決められています。 トリキュラーは主に妊娠を防ぐために用いられます。ホルモン分泌系に作用して排卵を抑えることや子宮に作用し受精卵の着床を防ぐこと、精子が子宮に入りにくくなることが可能になりますが、これらの効果を最大限活かすには、適切な飲み方を守って服用することが大切です。 正しい服用を行う限り、避妊効果はほぼ確実だとされていますが、あるいは、飲み忘れを含めた場合であっても避妊効果はかなりの高さを実現出来るので、バイエル薬品株式会社いわゆるBayerのトリキュラーは、日本でも人気が高い低用量ピルとして定着しています。 ■T.O.Pはトリキュラーをはじめ各種ピルを豊富に取り揃えております! ⇒国内処方の「トリキュラー」と同製品! トリキュラーの海外通販はこちら

ピルの副作用を詳しくご紹介
ピルの副作用を詳しくご紹介

ピルの副作用について かつては避妊目的でのピルの使用は認められておらず、月経のトラブルを治療する目的で中・高用量ピルを必要に応じて避妊用として用いていましたが、現在の日本では低用量ピルの使用が認可されるようになりました。 ピルとは女性ホルモンの作用を利用した避妊薬で排卵の抑制や子宮内膜の増殖の抑制、精子の侵入を防ぐ効果があります。 勿論、避妊だけではなく月経痛の軽減や月経不順の改善、子宮内膜症の予防と改善、また女性特有の様々な病気の予防や改善などの効果があります。 その為、避妊を目的とせず月経や病気治療の為にピルを利用する女性は少なくありません。 中・高用量ピルに比べて、低用量ピルの副作用は大幅に軽減されていますが、全くないわけではありません。 ピルは通常、月経周期に合わせて服用します。 薬を服用しない休薬期間に月経様の出血などが起こります。 またその期間に卵胞が発育する為、薬を飲み忘れてしまうと避妊効果はなくなり妊娠が可能になります。 特に避妊効果を目的としている方は毎日決まった時間に、休薬期間の後は必ず服用するように注意しなければなりません。 ピルの副作用の主なものとして吐き気や乳房の痛み、頭痛やむくみなどの妊娠初期症状に似た症状があります。 これはアフターピルにも見られる症状で、アフターピルの場合は服用後2時間以内に吐き気があり嘔吐してしまうと薬の効果が得られず妊娠の可能性があります。 その為、アフターピルを服用した直後に嘔吐した場合は直ちに医師の指示を受け薬を飲み直す必要があります。 多くの場合、ピルの副作用は服用初期に身体が慣れずに起こるもので服用し続けることで治まります。4~5日程度で治まることが殆どですが、長くても2~3サイクルの期間飲み続けることで症状はなくなります。 それ以上続くようであれば、医師に相談し薬の種類を変えるなどの対処が必要になります。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒トリキュラーの海外通販はこちら