商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

プレマリンとデュファストンについて

   

プレマリンとデュファストンを用いた「カウフマン療法」について

生理不順などの月経異常や、妊娠を希望する人の不妊症治療として、行なわれる治療法に、「カウフマン療法」というものがあります。

プレマリンとデュファストンを用いた「カウフマン療法」について

カウフマン療法では、不足しているホルモンを補って、規則的な月経周期、排卵周期を取り戻すことを目的としています。
また、卵巣機能不全の長期化によるホルモン欠落症状の改善、思春期では第2次性徴の発現を促す効果もある治療法です。

カウマン療法の具体的な方法ですが、もっとも一般的な方法は内服法となり、ホルモン剤であるプレマリンとデュファストンが多くの場合用いられています。

正常月経周期では、前半にエストロゲンのみが分泌され、後半にエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。カウフマン療法は、この仕組みをまねしています。
前半にエストロゲン製剤である「プレマリン」を服用し、後半にプロゲステロン製剤である「デュファストン」を服用します。

プレマリンデュファストンという2つのホルモン剤の内服を医師の指示に従って服用し、内服終了して2日~3日以内に、消退出血が起きます。
次の内服開始がだいたい28日後となり、全体として4週間の周期になります。
消退出血中の1週間は、薬を服用しない「休薬期間」となります。
また、カウフマン療法には内服法以外にも、注射法や貼付法も存在しています。

カウフマン療法自体には、排卵誘発作用はありません。
3か月~6か月間の治療後に、リバウンド現象を利用して、その後の自然排卵周期を目的とする治療法となります。
また、カウフマン療法は人工授精や体外受精などの不妊治療の際に、確実に受精させるために行なわれる治療法でもあります。

初めてデュファストンを服用する際には、吐き気や嘔吐を伴うことがありますが、徐々に体も慣れていきます。デュファストンはプレマリンと同様に、信頼のおける医薬品です。

■T.O.Pではホルモン剤のジェネリック薬も豊富に取り扱っております!
⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら
⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら
⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモン

 - ホルモン剤

  関連記事

プロベラ錠の通販なら信用できるサイトで
プロベラ錠の通販なら信用できるサイトで

女性ホルモンを整えよう プロベラ錠を通販利用し海外からネット購入するときの価格相場 まずはプロベラ錠が何か知らない人も多いのではないでしょうか。 プロベラとは、女性ホルモン補助製剤のことです。 生理不順や不妊といった女性の黄体ホルモンバランスを補う役割を果たしています。 同じく、黄体ホルモンに効果を発揮させる薬もあるのですが、ホルモンが強く作用してしまい、薬が合わないといった事例も多く出ていますがプロベラの場合、緩やかに効果を発揮させるため安心して使用できる薬品とも言えるでしょう。 最近は、女性も社会進出による晩婚化が進み、いざ出産を考えた時になかなか妊娠できなかったり生理不順に悩まされたりする人が多くなってきました。 日々のストレスや生活環境の変化などから、体に不調を訴える人も多く、それがホルモンバランスの乱れなどにつながってくることも多いのです。 しかし、生理不順などの症状があってもなかなか産婦人科に行かない人が多く、それが最終的に不妊につながってしまうこともその時点ではなかなか気がつきません。 婦人科に行くというのは意外と勇気がいるので、カゼをひいたとか歯が痛むといったように簡単に内科や歯科医院に行くのとはちょっと感覚が違うようです。 そこで最近は、プロベラ錠を通販で海外からネット購入する人も増えてきました。 医薬品は処方箋が必要となってくるのですが、海外からの輸入代行サービスを利用すれば購入することも可能です。 しかし、購入する際は安心、信頼できる輸入代行業者から購入するようにしましょう。 トラブルに巻き込まれないためです。 たとえば「会社の住所がHPに記載されている」、「連絡がとれる電話番号がある」とかなど。 プロベラ錠の価格相場はプロベラ5mgの100錠入りが5,500円~8,000円でプロベラ10mgの100錠入りが8,100円~9,000円となります。GoogleやYahooで検索すれば取り扱い業者による比較はできますから、気になる人は比べて購入すると良いでしょう。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プロベラ5mgの個人輸入はこちら ⇒プロベラ錠10mgの個人輸入はこちら ⇒Provera プロベラ100mgの個人輸入はこちら

エストロモンの副作用について
エストロモンの副作用について

エストロモンの副作用を理解して効果的な治療を エストロモンとは性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬で、プレマリンのジェネリック薬です。 女性ホルモンが不足することによりおこる更年期障害や、卵巣機能不全などを改善する目的で使用されます。 女性は卵巣が元気に働いている時には、卵巣から脳へ正常な信号が送られ、ホルモンの分泌が問題なく行われますが、 年齢を重ねること、ストレスや環境汚染が身体に影響を与え、卵巣の機能に異常をきたすことがあります。 このような状態では、様々な不調が身体にあらわれます。イライラや動悸、めまい、不眠など人によっては大変辛い症が続きます。 そこで、エストロモンなどホルモン薬を投与して症状の緩和をするのですが、ホルモン薬には副作用があると心配になる方が多いと思います。どのような副作用があるのか確認してみましょう。 一般的にめまい、頭痛、嘔吐感、乳房の張りなどがおこる場合多いようですが、しばらく飲み続けることで身体が慣れていき楽になっていくようです。 また、女性化を希望する男性が服用した時には太る、代謝が悪くなる、無気力になるなど、違う副作用がでるようです。 更年期や卵巣機能不全は長期に渡って辛い症状が出ることも多く、気持ちも沈みがちになります。 今では安全に使用できるホルモン薬も増え、自分に合ったものを探しやすくなっていると思われます。   ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとプロベラの飲み方について
プレマリンとプロベラの飲み方について

妊娠薬と避妊薬の効果がある薬剤 女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンとプロベラです。 プロベラは黄体ホルモンを主に補う薬であり、 プレマリンはエストロゲンを主成分とした女性ホルモンの卵胞ホルモン剤として知られています。 避妊に効果を期待するケースも増えており、そのメカニズムとしては卵巣を刺激し卵胞刺激ホルモンの分泌を滞らせ、卵胞の成長を妨げます。 こうすることにより排卵が起こることがなく、妊娠するリスクがない効果が得られるため利用される女性も増えています。 プロベラは黄体ホルモンに働きかける薬剤であり、子宮内膜を妊娠可能な環境下に導く役割も同時に担っています。 この黄体ホルモンを持つプレベラをプレマリンと服用することが重要で、避妊効果を完全なものにするためには排卵後に卵巣から分泌されるプロゲステロン、いわゆる黄体ホルモンが必要になり、2つの薬剤によって避妊薬としての効果が期待できます。 妊娠薬としても機能し、ホルモンバランスを崩すことで避妊薬としても機能するこの薬剤は医師の診断のもと服用することが大切です。 プレマリンとプロベラの飲み方である服用方法についても、プレマリンは規定量の服用ですが、プロベラの場合には目的によって飲み方が異なります。 成人の場合には1日1錠から医師の指示で6錠までを1回から3回に分けて服用します。 続発性無月経目的の場合には、主成分5mgから10mgを経口で10日程度の服用です。 その後の月経の誘発目的では1日10mgを経口で10日間服用しますが、服用方法でポイントとなるのが月経周期に合わせた服用が必要であり、16日目に開始すると月経を誘発してくれる働き方に繋がります。 不安な場合には医師に相談することもリスクを下げるためのポイントにもなります。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン増やすには?
女性ホルモン増やすには?

女性ホルモンを増やすコツを学ぶ 人間の身体の中で、ホルモンというのは重要な役割を担っています。 ホルモンには、男性ホルモン・女性ホルモンの2種類があることを知っておく必要があります。 男性ホルモン・女性ホルモンのいずれも欠かすことのできないホルモンで、しっかりと働き・役割を理解しておかなければなりません。 ホルモンが減少してしまうと、さまざまな弊害が起こるようになってしまうため、ホルモンが減少してきた場合は、適切な対処をする必要があります。 素人の判断で対処をすることは難しいものです。 しっかりと医療機関を受診して、専門医の診察を受けることが望ましいです。 医師のアドバイスを受けながら、ホルモンの調整を行っていきます。 女性ホルモン増やすには、女性ホルモンを増やすための取り組みをしていかなければなりません。 女性ホルモンにしても、男性ホルモンにしても、簡単に増やすことができるわけではないので、十分な時間をかけて取り組むことが大切です。 しっかりと女性ホルモンを増やすことを意識しながら生活していくようにしなければなりません。 常に規則正しい生活をするように心がけていくことが大切です。 どのようなものを摂取する必要があるのか、きちんと医師と相談しながら、生活習慣を見直していきます。 女性ホルモン増やすには、根気強く取り組む気持ちを欠かすことができません。 気を抜いてしまうと、女性ホルモンが再び減少してしまいます。 女性ホルモンを増やすことを意識しながら生活することで改善も可能ですし、サプリメントや漢方、医薬品などでも女性ホルモンを増加させることも出来ます。 勿論、サプリメントの効果は大きな期待はできませんが漢方や医薬品に関しては飲み方をしっかりと守っていけば女性ホルモンを増加させる方法の中では一番効率的にはなります。 ただ、漢方や医薬品には副作用がついてきます。医師ともその部分をしっかりと把握、納得して女性ホルモン剤などの医薬品のご利用を考えてみてください。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性化を切望している男性にはエストロモン
女性化を切望している男性にはエストロモン

女性化を切望している男性にはエストロモンについて エストロモンは、女性ホルモンを補う目的で作られた「プレマリン」のジェネリック薬品です。 成分等はプレマリンと同様ですが、ジェネリック薬品ですので安く入手することができます。 主成分はエストロゲンというホルモンで、プレマリンにも含まれています。 手軽でリーズナブルに女性化ができるので、女性化したい男性に人気になっています。 女性化を目指している方が注意しなければいけない点は一日に5mg服用するということです。 女性化するにはエストロモンは長期にわたって服用することで効果が表れますので、一日の最大摂取量以上を飲んでも効果は同じです。 長期間服用すると男性ホルモンが分泌されなくなりますので、女性化を望んでいる方は服用前によく考えてください。 服用していくとプレマリンの効果により、丸みを帯び、肌を白く保ち、皮膚感覚も敏感になり、乳房も膨らみを帯びてくるようになります。 性同一性障害で悩み、辛い人生になっている方も、よく検討してから服用されることをお薦めします。 男性が服用した場合の副作用ですが、代謝が下がる為に服用前と同じ食生活を続けていると太る可能性があります。 更には、倦怠感・無気力・睡眠が浅くなるかもしれません。長期間の服用により男性機能が衰退しますし、乳がんにかかるリスクも高くなります。 男性が医師の診察を仰いでエストロモンを入手するには性同一性障害のカウンセリングを長期間受ける必要があり、金銭的な負担も大きくなります。 その為リーズナブルで手軽に入手できるエストロモンは女性化したい方に人気となっています。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 ストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン増やすサプリについて
女性ホルモン増やすサプリについて

更年期障害に女性ホルモン増やすサプリ 女性の場合、閉経の前後10年間を更年期といい、女性ホルモンの急激な減少からホルモンバランスが崩れ、のぼせや冷え、動悸や不眠、焦燥感、肩こりや腰痛といったさまざまな不快な症状が現れる「更年期障害」があらわれます。 症状の強さには個人差があり、ほとんど自覚症状を感じない人から仕事や生活に支障をきたすほど重い人までさまざまです。 その症状は単なる疲労と一見区別がつきにくいため、ついつい我慢してしまったり、人に相談できずに悩んでいる人も少なくありません。 こういった症状を改善するためには、その原因となっている女性ホルモンの減少に対処しなくてはなりません。 たとえば、女性ホルモン増やすサプリを使用してホルモンバランスを整える方法があります。 女性ホルモンを増やすサプリはどうやって選んだらいいのでしょうか? まず、成分についてです。 女性ホルモンを増やすサプリに入ってある成分として有名なのが、「プラセンタ」や「ブラックコホシュ」、「レッドクローバー」、「大豆イソフラボン」、「マカ」などがあります。 サプリメントなので作用は穏やかですが、副作用の心配がないので安心して服用ができますね。 ただ、女性ホルモンを増やすサプリを服用してもまったく効かない、症状が良くならない方はどうすればいいのか。 副作用の不安もあると思いますが、症状がひどい場合は漢方や医薬品(ホルモン補充療法(HRT))で治療する方法もあります。 漢方やホルモン剤などの医薬品は副作用のリスクはあるものの作用がしっかり感じることができ、一番治療としては効率がいいです。 医薬品(ホルモン補充療法(HRT))で「プレマリン」やジェネリックの「エストロモン」などがあります。 日本で「プレマリン」はよく処方されております。 ジェネリック薬「エストロモン」は「プレマリン」と効果は同じで、その効果・特徴は女性ホルモンのうちエストロゲン(卵胞ホルモン)を補い、ホルモンバランスを整える作用がある、ということです。 女性に多い骨粗鬆症もエストロゲンの減少と深い関わりがあるため、エストロモンを服用してエストロゲンを補うことで骨粗鬆症の治療にも効果が期待できます。 「用法用量」は、成人で1日に0.625mg~1.25mgを摂取しますが、年齢や症状により調整が必要です。膣炎や機能性出血がある場合は、1日に0.625mg~3.75mgを服用します。 「副作用」としては、乳房に張りや痛みを感じたり、吐き気・嘔吐、食欲不振、あるいはむくみや体重増加などがみられることもあります。 このような症状があらわれたらすぐに医師の診察を受けましょう。 また、ごくまれにですが血栓症を起こすこともあるため、医師の診断を定期的に受けるようにしましょう。 「注意事項」は、使用にあたって用法用量を必ず守ること、また医師の指導の下で服用し、個人の判断で服用量を増減したり急に服用を停止したりしないことです。 この注意事項が守られない場合、ホルモンバランスが乱れて健康を害することがあるので注意が必要です。 本来は更年期障害改善のために作られた薬なので、用法用量をきちんと守って服用する必要があります。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

no image
性同一性障害の原因と治療について

性同一性障害の原因と治療について 性同一性障害というのは思春期の頃に深刻な問題となって表面化します。 この問題は自分自身が感じている自分の性別が実際の自分の体と一致しない場合に起こります。 この性同一性障害の原因は育て方などによる問題が本質ではなく、脳の仕組みが関与する生まれつきの問題であるという認識が一般的です。 そのため原因除去ということは近年まで行うことができませんでした。 最近になって性同一性障害の治療として性転換手術が行われることが聞こえてくるようになりました。 しかしこの手術には相当なリスクがある上、手術によって生殖能力を得ることが出来るわけではありません。 そのため、自分自身の問題を解決する手段としてのみ必要とされる治療なのです。 この障害を抱える人は全世界に一定数存在しています。そのため特定に国に偏った問題ではないというのが現実の様です。 しかしこの様な手術を選択できる人はわずかであり、その多くは自分の性に悩みながらも日々の生活を続けているのです。 実際に障害を抱えている人に合うと、ぱっと見は普通の男性や女性に見えることが多いとされています。 男性の心を持った女性は男性のような見た目に、女性の心を持った男性は女性のような見た目になるように人一倍努力をした結果なのかもしれません。 この問題は現在のところ生まれつきの脳の障害であると考えられており、病気ではないために有効な治療方法というものが確立されているわけではありません。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンで不妊治療?
プレマリンで不妊治療?

プレマリンと不妊治療の関連性について 赤ちゃんが欲しいけれど、なかなかできない。表立って言う人は少ないですが、意外とそんな悩みを抱えている方は多いものです。 定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合を不妊症といいますが、その原因は様々です。 その中で、生理不順や無月経、排卵に関する障害が問題となる場合がありますが、こうした原因に対して用いられるものに「プレマリン」があります。 プレマリンとはエストロゲン剤の一種です。 卵巣の中の卵胞が発育して分泌されるエストロゲンというホルモンの分泌が少ないとき、その補充の為に用いられるものです。主な作用は排卵を起こさせること、月経を起こすことです。 プレマリンで不妊治療?と、双方の関連性がいまいちわからず疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、月経や排卵が正しく行われることは、妊娠するための基本です。 そう考えると、それらを引き起こす作用のあるプレマリンが不妊の解決の糸口になることがわかりますね。 では、プレマリンによってどのように不妊治療できるのか?という点について説明します。 不妊治療のひとつに、カウフマン療法というものがあります。 プレマリンともう一種類の薬を一定期間服用することにより、不足しているホルモンを補い、規則的な排卵周期および月経周期を取り戻す治療方法です。 カウフマン療法で治療を行っている間、薬の力によって基礎体温は低体温期・高体温期の変化を規則正しく行いはじめます。 この時点では、身体が正常な生理周期を記憶している最中で排卵自体はないため、薬を服用しはじめてすぐに妊娠するわけではありません。 治療を数か月から半年間継続することで、薬に頼ることなく自然な生理周期を取り戻す可能性があります。 この不妊治療によって、正しい排卵や月経が周期的に行われるようになれば、妊娠する可能性があがると考えられます。 ■T.O.Pのホルモン剤は豊富な品揃えです! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒塗るホルモン剤!エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロジェルで胸をサイズアップ
エストロジェルで胸をサイズアップ

エストロジェルの使用方法と胸のサイズアップについて 塗りこむだけで体内に女性ホルモンを簡単に補うことできる画期的なジェルです。 エストロジェルとは、腕に塗ることで女性ホルモンであるエストロゲンを補充することができる画期的なジェルです。 主に薬品メーカーや化粧品会社で開発販売されています。 エストロジェルは、更年期障害や閉経、卵巣を摘出した女性に対して女性ホルモンを吸収させるという画期的なジェルです。 腕や太ももに塗るだけで吸収させますので安定した血中濃度を保つことができます。 エストロジェルと胸のサイズアップの関係性ですが、エストロジェルは女性ホルモンにはたらきますので、胸のハリがよくなったり、胸のサイズアップができることで知られています。 ですので、性転換手術をした人がバストアップのためにエストロジェルを使用するということもあります。 エストロジェルの使用方法としては、1日1回、1か月に24日から28日の間に腕や太ももの4センチメートルくらいの範囲内に塗り込むことでバストアップ効果が認められます。 1日1度の塗布する回数については厳守する必要があり、回数以上に塗ることは危険性があります。 塗布すると、1時間はそのままにしておかなければありません。 エストロジェルは、最近ではインターネットでも手軽に購入することができます。 ですが、妊娠中や妊娠の可能性のある女性には使うことができません。 さらに、使用方法や使用期限をきちんと守って使用することが必要不可欠です。 エストロジェルを使用することによって、更年期障害によるほてりや汗などの症状をおさえることができます。 したがってエストロジェルは更年期の女性に長く使用されてきましたが、最近ではバストアップやバストのサイズアップの効果についても期待できるため、若い女性の間でも徐々に広がってきています。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒バストアップにも効果的~エストロジェルの個人輸入はこちら ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら

女性の更年期障害について
女性の更年期障害について

女性の更年期障害に効果的な薬 更年期障害とは卵巣機能が衰えはじめエストロゲンの欠乏やエストラジオールの欠乏によってホルモンバランスが崩れ、それにより起こる症候群のことをいいます。 更年期が始まる時期は、もっとも多いのは閉経後の50代の女性で早い人だと閉経前の40代の女性にも症状がみられ個人差がある。 主な症状は、(頭痛、ほてり、肩こり、不眠、めまい、月経異常、息切れ、動悸、不安、発汗、冷え、耳鳴り、しびれ、頻尿、疲労感、胃の痛み、吐き気、食欲不振、髪や骨が弱る)など実に様々です。 できれば体調に違和感があれば、更年期になる前に相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておくことが大切です。 早めに専門家に相談することで安心して治療に専念できるはずです。 更年期障害の治療法は3つあり、まず、「ホルモン補充療法」は更年期により、減少したエストロゲンを補充する療法です。 また、場合によって、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。 次に「漢方や市販薬による治療」は多彩な更年期障害の訴えを持つデリケートな女性の身体の仕組みを考えて作られていて手軽に試すことができるので人気があります。 また、うつや不安などの精神神経症状が主たる症状の場合やホルモン補充治療法が効かない場合には「抗うつ薬や抗不安薬を使用して治療する方法」もあります。 どちらの治療法にするにしても更年期とよく似たまぎらわしい症状もあり、中には重篤な病気に発展する恐れのある症状もあります。 自分で更年期と判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。 既に病院の診断で服用するお薬などがわかっている場合は個人輸入などを利用して安く、病院にいく時間も削減することも可能です。 ■T.O.Pではホルモン剤や精神安定剤も多数取扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒抗うつ薬や抗不安薬などの精神安定剤の個人輸入はこちら