商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

安定剤 デパスとリーゼの違い

      2016/09/14

デパスとリーゼの違いについて

デパスとリーゼ抗不安薬になります。
デパスとリーゼはチエノジアゼピン系の安定剤なので作用は似ていますが、違いはデパスの方が効能が強くリーゼはデパスより効果は穏やかになります。看護婦さん
デパスは成分がエチゾラムになり、不安や緊張をやわらげて気持ちを落ち着かせる効果があります。
脳のリラックス系の神経受容体に結合することでリラックス系の神経を活発にします。
興奮状態・イライラを鎮める作用や肩こり・腰痛・緊張型頭痛・筋けいれんなどの予防効果があります。
降圧作用もあります。用法は神経症やうつ病の場合は成人としてエチゾラムとして1日3mgを3回投与します。
腰痛症や心身症の場合は成人としてエチゾラム1日1.5mgを1日3回投与します。睡眠障害の場合は成人としてエチゾラム1日1mgから3mgを就寝前に経口投与します。
デパスはほとんど副作用がないお薬になります。

リーゼは成分がクロチアゼパムになり、不安神経症やパニック障害などの神経症を中心に心身症・うつ病・自律神経失調症・更年期障害・肩こりなどに効果がある安定剤になります。
デパスより穏やかな作用なので、催眠作用や筋肉をゆるめる作用が弱いので高齢者にも処方することができます。
用法は成人はクロチアゼパムとして1日15mgから30mgを1日3回に分けて服用します。
用量は年齢や症状によって変わります。
リーゼも安全性が高く副作用はほとんどなく耐性や依存もほとんどないのが特徴の薬になります。

T.O.Pでは個人輸入可能な精神安定剤を多数取扱っております。
抗不安薬など精神安定剤の一覧はこちら

 - 精神科の薬

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

妊娠したときのデパスの服用
妊娠中のデパス服用について

妊娠したときのデパスの服用 妊娠中には、デパスを含む精神安定剤の服用はできるだけ控え方がいいといわれています。 妊娠中は、お腹の赤ちゃんに負担をかけないように気を付けて過ごす必要があるのですが、デパスを含む精神安定剤の場合、服用することで、赤ちゃんへの危険性がまったくないとは言えないので出来れば服用をしないほうがいいということです。 赤ちゃんの健全な成長のためには、出来るだけ避ける必要があるのですが、精神的な不安感が抜けなかったり、ほかの薬がどうしても合わないという方も存在しています。 実際に医師によっては必要最小限の服用ならデパスを含む精神安定剤を処方することもあります。 更に、妊娠経過中に実際にデパスを飲み続けた妊婦さんの数例結果によると、どの妊婦さんも全く問題なく元気な赤ちゃんを生んでいます。 こちらも参考になります⇒「妊娠中、デパス等飲みながら出産された方の声」 本来であれば、妊娠している方にはデパスの処方を避ける必要があるのですが、飲まないことにより精神が安定しなくなってしまうと、過剰なイライラ感や不安感によってストレスがかかってきてしまいます。 妊婦の方には、ストレスも大敵になりますので、体に負担がないように服用していくことも大切です。 勿論、安全に飲むには、最小限の用法用量を必ず医師と相談する必要があります。 その結果、胎児や母体に安全にデパスを飲んでいくことも可能になるのです。 T.O.Pでは個人輸入可能な精神安定剤を多数取扱っております。 ⇒抗不安薬など精神安定剤の一覧はこちら

デパスとエチラームの違い
デパスとエチラームの違い

デパスのジェネリックとしてデパス同様の効果を持つエチラームについて 抗不安薬として有名な薬にはデパスと呼ばれているものがあります。 デパスは一般的な病院から神経科、心療内科などでも処方されることの多い薬として知られており、症状に関しては、不安症のような状態が続いてしまっている方や、夜間に就寝することがスムーズに行えない方、基本的には不安の緩和を目的としている傾向にあるために、うつ病などを発症している方の他でも、普段の生活上で大きなストレスなどを感じてしまっている方にとっても役立つ薬とされています。 実際の効果はめまいや食欲不振などにも対応しているとされており、非常に広範囲で活躍できるものとしても認知されています。 現在ではデパスのジェネリックとしてエチラームという薬も用意されています。 エチラームは海外で製造されているジェネリック医薬品になるために、製造国ではデパスのジェネリックとして登録されているものになります。 ジェネリック医薬品に関しては、既に特許が失効してしまっている薬を異なるメーカが同じ成分を利用して製造しているものになり、開発費用がかからないために、低価格で販売されているものになります。 したがって、効能としてはデパスと違いが無いために、利用者は安心して服用することができます。 現在ではインターネットなどでも入手することができ、大変便利に活用することができますが、服用に関しては正式なルールを守ることが必要とされており、飲み過ぎなどには注意をすることが必要になります。 T.O.Pでは個人輸入可能な精神安定剤を多数取扱っております。 ⇒抗不安薬など精神安定剤の一覧はこちら

デパス錠の副作用について
デパス錠の副作用について

デパスを飲んだときに起こりやすい副作用 デパスは、不安や緊張感を和らげてくれる効果のある薬剤になりますので、不安感や緊張感、イライラ感などの精神的な不調を改善してくれる効果が期待できます。 とくに、不安が強い方については、飲むことで精神状態を安定させることができるのですが、服用することにより副作用が起こってくる場合もありますので、この点に注意してみるようにしましょう。 まず、デパスを服用して間もない時には、眠気やふらつきが起こる場合もあります。 朝起きてもふらふらしている場合もありますので、飲み始めた時には、運転を控える必要がありますし、どうしても運転する必要がある時には、ほかの方に一緒に乗ってもらうなどして対処するようにしましょう。 また、デパスの副作用として、集中力が落ちてしまう方もいます。 仕事をしていても、思ったように集中できなくなってしまうと、以前のように仕事ができないと悩みを感じてしまうかもしれません。 ただし、飲み始めのころにはこれらの副作用が起こってくるのですが、体が徐々に慣れてくることにより、眠気やふらふら感、集中力の低下は徐々に消えていきます。 体が慣れてくるまで、上手に過ごす必要があるのですが、体質によってはいつまでも眠気が取れない場合もあるのです。 この場合には、無理をすることなく医師に相談するようにしましょう。 相談を行うことによって、別の薬に変えてもらうことができますので、いつでも元気に過ごせるようになってきます。 T.O.Pでは個人輸入可能な精神安定剤を多数取扱っております。 ⇒抗不安薬など精神安定剤の一覧はこちら

デパスを通販で購入するには
デパスを通販・個人輸入ができなくなる?

デパスの効果とは? まずはデパスにはどんな特徴・効果があるのか? デパスは日本の製薬会社、三菱田辺製薬製造の海外流通品でデパスは日本国内で多くの診療科で幅広く使用されているチエノジアゼピン系の抗不安薬です。 デパスは医師と患者から認知度の高い抗不安薬になります。 うつ病や神経症からくる不安、緊張、抑うつ、睡眠障害などの症状に作用します。 その他に緊張型頭痛に処方されることもあります。 また筋肉の緊張を緩和する作用も持っており、整形外科では頸椎症や腰痛症に処方されることも少なくありません。 デパスは安全性が高く、薬の耐性や依存が少ないことも特徴のひとつといえるでしょう。 良く使われる抗不安薬や睡眠薬は「超短時間作用型」、「短時間作用型」、「中時間作用型」、「長時間作用型」に大きく分けることができます。デパスの場合「短時間作用型」に該当します。 症状、個人差はありますが効果の持続時間は平均約5~6時間といわれています。 デパスの用法用量について <神経症、うつ病の場合> 通常、成人はエチゾラムとして1日3mgを3回に分けて経口服用する。 <心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合> 通常、成人はエチゾラムとして1日1.5mgを3回に分けて経口服用する。 <睡眠障害に用いる場合> 通常、成人はエチゾラムとして1日1~3mgを就寝前に1回経口服用する。 なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。 ※適量を超えた大量の摂取は副作用のリスクを高めます、用法・容量を守って摂取することが大事です。 デパスの一般的注意について 【精神安定剤・睡眠導入剤(すいみんどうにゅうざい)の注意】 ・自己判断で量の増減を行わない。 ・睡眠導入剤とアルコールと一緒に服用すると効果増強のおそれがある。 ・事故のおそれがあるため自動車や機械を運転しない。 デパスの使用禁忌について 急性狭隅角緑内障の患者 重症筋無力症の患者 慎重投与 心障害,肝障害,腎障害のある患者 脳に器質的障害のある患者(作用が強く現れる) 小児および高齢者 中等あるいは重篤な呼吸障害を持つ患者 デパスの副作用について デパスの優れた特徴として「安全性が高い」ということが挙げられますが、副作用が無いというわけではありません。 他の薬と比較して安全性が高いと言われていることをご理解ください。 症状としては、眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感などです。 服用後は頭がボーッとしてしまうことがあります。車の運転など正確な操作が必要であり、また危険が伴う作業には十分注意してください。 また、高齢者の場合ふらつきから転倒につながるケースもありますので注意が必要です。 さらに、アルコールとの併用は神経抑制作用とアルコールの酩酊作用を増強するため危険ですので注意してください。 副作用を強く感じる場合は、服用量を適切にコントロール、もしくは違う薬を使用する方法があります。 …

etizocalm
エチゾカームはデパスのジェネリック

エチゾカームの特徴について エチゾカームはゼニカルのジェネリックで有名な「オルリファスト」の同メーカーが製造しているデパスのジェネリック薬です。 LLOYD社のエチゾカームは、デパスと同薬効成分エチゾラムを含有しています。 神経の興奮を抑え、服用後、素早く快適な眠りへ促します。 その他、うつ病や睡眠障害の治療など幅広く使用されています。 短時間作用型に分類されるエチゾカームは即効性に優れ、効き目も素早く消失するため睡眠薬をためらう理由のひとつである持ち越し効果(効果が翌朝まで残り、眠気、ふらつき、頭痛、頭重、倦怠感、脱力感などが生じること)が少ない事が最大の特徴です。 エチゾカームはバルビツール酸系薬と比較して、レム睡眠への影響が少なく深睡眠(ノンレム睡眠)を増加させます。 夜はぐっすり、朝はスッキリと快適な睡眠を過ごせます。 エチゾカームはベンゾジアゼピン系薬なので睡眠障害以外にも神経症、うつ病、心身症、その他疾患による不安や緊張、抑うつ・筋緊張など様々な疾患に使用できる薬です。 エチゾカームの効能について ●神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害 ●うつ病における不安・緊張・睡眠障害 ●心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害 ●統合失調症における睡眠障害 ●頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張 エチゾカームの用法用量について ■神経症・うつ病の場合 通常、成人にはエチゾラムとして1日3mgを3回に分けて経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。 ■心身症・頸椎症・腰痛症・筋収縮性頭痛の場合 通常、成人にはエチゾラムとして1日1.5mgを3回に分けて経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。 ■睡眠障害に用いる場合 通常、成人にはエチゾラムとして1日1~3mgを就寝前に1回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。 エチゾカームの主成分について エチゾラム(Etizolam) 0.25mg/0.5mg/1mg エチゾカームの副作用について エチゾカームを服用することで、眠気、ふらつき、倦怠感、注意力・集中力の低下が現れることがあります。 その他、異常や異変を感じた場合は、使用を中止し医師にご相談ください。 エチゾカームの注意事項について エチゾカーム服用中は、車の運転等、危険を伴う機械の操作は行わないでください。 エチゾカーム服用中にアルコールを飲むと、薬の作用が強く出るのでお控えください。 また、妊婦や妊娠の可能性のある方、現在通院中の方、薬を服用中の方、持病のある方は服用前に必ず医師にご相談ください。 服用後に体に異変がある場合、すぐ医師にご相談下さい。 エチゾカームは直射日光を避け、お子様の手の届かない涼しい場所に保管して下さい。 エチゾカームは個人輸入・海外から通販が禁止となります 今までできていたエチゾカームを海外からの個人での購入ができなくなります。 厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課が2016年の7月19日に1ヵ月間近く行われたパブリックコメントによりエチゾカームを始め成分「エチゾラム」を含む医薬品が個人輸入禁止薬の「麻薬及び向精神薬」に指定されました。 …

睡眠導入剤の通販・個人輸入サイトについて
睡眠導入剤を通販・個人輸入で購入する際のポイント

睡眠導入剤の通販・個人輸入サイトについて 海外の薬剤の取り扱いはインターネットの通販を通じて個人輸入することが出来るようになり、便利な世の中となりました。 特に睡眠導入剤は大量の服用のリスク回避のために病院では処方できる量が決まっています。 忙しくて病院へかかっている暇がないという方にとっては、通販・個人輸入サイトはとても便利です。 インターネットで個人輸入ができたり、また輸入代行をしている業者があります。 睡眠導入剤というのは症状によって用法用量も変わってきますから通常では医師の処方を受けることをオススメします。 処方箋なしで個人輸入もできますが、服用に関しては医師や薬剤師の指示通り用法用量を守ってください。 通販・個人輸入サイトで購入した睡眠導入剤の服用は自己責任となります。 日本ではアモバンやルネスタは有名な導入剤ですね。 国内の薬では効きが悪い、身体に合わないという場合には海外の睡眠薬のほうが効き目が良かったりもします。 アモバンやルネスタは海外でも同成分で様々な睡眠導入剤があり、ジェネリック薬も豊富に取扱いがあります。 更に、ジェネリック薬の場合は比較的手頃な値段で購入できるのが魅力です。 個人輸入と聞くと「高額になるのでは?」と不安に感じる方も多いようですが、しっかりと手続きにそって輸入すれば何も問題はありません。日本で処方してもらうよりもインターネットで通販・個人輸入サイトを利用したほうが安くなることがほとんどです。 海外からの代行輸入サービスを提供してるサイトの商品発送元はアメリカ、タイ、香港、シンガポール、インド等がほとんどです。 到着は大体1週間~2週間ほどで手元に届きます。 不眠症という症状は放っておいても治るものではありません。 そこで、睡眠薬の力を借りてできるだけその日のうちに眠ることが出来るように身体を慣れさせることが大事です。 しっかりと用法用量、副作用を把握してから通販・個人輸入サイトを活用しましょう。   T.O.Pでは睡眠導入剤や様々な精神科のお薬を取扱っております。 ⇒アモバンのジェネリック薬イモバンの個人輸入はこちら ⇒ルネスタのジェネリック薬ハイプナイトの個人輸入はこちら ⇒人気の抗不安薬エチラームの個人輸入はこちら

デパスのジェネリック「エゾチラム」
デパスのジェネリック「エゾチラム」

デパスのジェネリック「エゾチラム」 エゾチラムは、チエノジアゼピン系に属する抗不安薬です。 同種の薬の中では、比較的短時間で強い作用が得られるのが特徴です。 日本国内における商品名はデパスと言いますが、多くのジェネリック医薬品が存在します。 デゾラム、エチラームなどがその代表的なものです。 チエノジアゼピン系の薬は、ベンゾチアゼピン系とおおむね同様に作用します。 すなわち、中枢神経系に存在する抑制性の神経伝達物質であるGABAの働きを増強し、神経細胞の興奮を起こりにくくします。 これにより、不安や興奮をやわらげ、気分を落ち着かせます。 また、鎮静・催眠・抗けいれん作用もあります。バルビツール酸系の薬に比べると安全性が高く、依存も少なくなっています。 具体的な処方例としては、不安神経症・強迫神経症・パニック障害などの神経症をはじめとして、自律神経失調症、更年期障害等を原因とする精神的な不安・緊張・うつ状態などの治療に用いられます。 睡眠障害の治療に用いられることもあります。また、肩こり・腰痛・けいれん性の病気に応用される場合もあります。 その他、手術前の不安や緊張を緩和するために用いることもあります。 エゾチラムには重い副作用があまりありません。 ただし他の抗うつ薬や鎮静剤などと併用すると深刻な症状がでることがあるので注意が必要です。 副作用として比較的多いのは眠気・めまい・疲労感・集中力の低下などです。 人によっては発疹・発熱などのアレルギー症状が出ることもあります。 T.O.Pでは個人輸入可能な精神安定剤を多数取扱っております。 ⇒抗不安薬など精神安定剤の一覧はこちら

エチラーム 舌下錠の特徴
エチラーム 舌下錠の特徴

エチラーム舌下錠の特長と効果とは エチラーム舌下錠とは神経症による不安や緊張、抑うつ、神経衰弱、睡眠障害、心身症などからくる不安や緊張感などを緩和し、気持ちを楽にしてリラックス感を高めてくれる作用がある薬で、病院でも即効性のある睡眠導入剤として広く使用されています。 そして、こちらの薬は他の抗不安剤や心身安定剤、精神安定剤などと較べると、比較的その効能は短時間なのですが、その分、効き目が高く安全性も高いため不安や緊張感などを和らげて気持ちをリラックスしたい時や落ち着かせたい場合などにとても人気のある薬となっています。 このエチラーム舌下錠の使い方として口腔内ですばやく溶ける性質を持っているため、水なしでも服用ができ、即効性の効能が期待できますが、使用量は一日最大3mgで複数回に分けて服用、または就寝前に飲むようにします。 エチラームの効能として神経活動全般に抑制効果が働いて、不安や緊張から解放され、辛い不眠や睡眠障害などを短期で改善したり様々な神経症や心身症、うつ病などにも非常に効果が期待できますが副作用にも充分注意をしましょう。 それは長期間の服用により、こちらの薬に依存するようになると、まれに、起床時の頭痛や、眠気、集中力低下、イライラや不眠などが現れることがありますので、この薬の作用をしっかりと把握して定められた量を厳守して服用することが重要となります。 こちらの薬は、使い方が正しければ非常に効果が高い薬ですので効き目と副作用の理解を深めて服用する日数と服用量をきちんとコントロールして使うようにしましょう。 最近では「エチラーム舌下錠 通販」や「エチラーム舌下錠 個人輸入」とGoogleやYahooで検索するとネットで日本から購入ができる輸入代行業者も増えてきました。 エチラームはお薬になりますので、通販や個人輸入する際はしっかりと副作用や効能などを理解して自身の症状に合わせて舌下錠や錠剤を購入しましょう。 T.O.Pでは個人輸入可能な精神安定剤を多数取扱っております。 ⇒抗不安薬など精神安定剤の一覧はこちら

etilaam
エチラームが通販・個人輸入できなくなる?

エチラームの特徴とは? エチラームは抗うつ薬・抗不安薬として精神科や心療内科で良く処方される薬剤であるデパスのジェネリック薬です。 デパスは1984年に現・田辺三菱製薬で開発されたベンゾジアゼピン(チエノジアゼピン)系の抗不安のお薬です。 デパスのジェネリック薬エチラームは症状に対する高い効果と平均6時間の作用時間の短さを兼ね備えています。 日常生活で心や体に過大なストレスがかかると脳内で私たちの行動を制御している、興奮性の神経伝達神経と抑制系の神経バランスが崩れ、不安や、落ち込んだ気分を引き起こします。 デパスのジェネリック薬エチラームは、興奮性の神経伝達系が活発に作用しているときに起こる様々な症状に作用します。 デパス及びエチラームの有効成分エチゾラムは、脳内で抑制性神経伝達物質GABAの働きをサポート。体や心の不安や緊張を和らげることで不眠症、心身症による高血圧症、胃十二指腸潰瘍などに用いられる他、筋肉の弛緩作用があるため緊張型偏頭痛や腰痛の痛み止めとしても処方されています。 場合によっては先発品とジェネリック医薬品との間には、製造プラントの違いなどから、効果等に僅かながら差が出る事もあります。 実際に両者を服用した人の意見の中には、デパスの方が若干即効性があると感じた人も少なくないようです。 コスト面では当然、ジェネリック医薬品であるエチラームの方が安価です。 なおエチラーム舌下錠1mgは口腔内ですばやく溶ける舌下錠タイプなので、水なしでも服用でき、効果は速効性です。 エチラームの効能について 神経衰弱、不安、緊張、抑うつ、睡眠障害、パニック障害、心身症、うつ病、神経症、統合失調症の症状に伴う頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛 エチラームの成分について Etizolam 1mg(エチゾラム) ※エチラームの効果や、持続時間、副作用は先発品であるデパスと殆ど相違ありません。 エチラームの用法用量について 症状によって用法、容量は異なりますので服用の際は、必ず医師、薬剤師の指示を仰ぎ服用を願いします。 ■うつ、神経症・・・1日3mgを1日3回に分けて服用 ■頸椎症・・・筋収縮性頭痛  1日1.5mgを1日3回に分けて服用 ■睡眠障害・・・1日1~3mgを就寝前に1回服用 ※高齢の方は、エチゾラムとして1日1.5mgまでの服用 エチラームの副作用について 基本、デパスのジェネリックですので副作用はデパスと同じです。 副作用は効果の強さに比べて少ない事が知られていますが、それでも眠気、ふらつき、倦怠感、注意力・集中力の低下が現れることがあります。 服用後集中力を要する車の運転等は行わないでください。 また、睡眠薬や抗不安薬に共通して言える事ですが、アルコールと同時摂取する事で薬が強く効きすぎ、思わぬ重大な副作用が現れる事があるため、服用中にお酒を飲む事は注意しなくてはなりません。 エチラームの使用上注意について ・急性狭隅角緑内障、重症筋無力症を起こしている方は使用できません。 ・衰弱している状態の方、肝機能障害をお持ちの方、呼吸器系に疾患がある方、心臓疾患がある方は、服用を行わないでください。 ・高齢者の方には、作用が強く出る恐れがあります。 ・長い間同じ薬を飲み続けることで、体への耐性がつきます。効能弱化、依存を引き起こすことがあります。 ・本剤の使用を中止ことでイライラや不眠、不安、手の震えなどお薬からの離脱症状が現れることがあります。 ・成分にアレルギー症状がある方は、使用を避けてください。 ・妊婦、妊娠の可能性のある方は使用しないでください。 ・他の診療科のお薬や精神薬を服用されている方はその旨を医師に伝えてください。 ・お子様の手の届かない場所に保管してください。 医師の指示、自己責任において使用いただきますようお願いします。服用後に体に異変がある場合、すぐ医師にご相談下さい。直射日光を避け、涼しい場所に保管して下さい。 エチラームの第3者への販売、譲渡は法律で厳しく罰せられます。 …