GEミオナール錠50mg画像

GEミオナール錠50mg

GEミオナール錠50mgは肩こりや五十肩の痛みを緩和する、ミオナール錠のジェネリック薬です。
血管を拡張して血流をよくし、痛みを和らげます。


製 品 名:
Myosone50mg
製 造 元:
Macleods
薬効分類:
筋緊張改善薬(肩こりの薬)
一 般 名:
エペリゾン塩酸塩50mg
日 本 名:
GEミオナール錠50mg
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
GEミオナール50mg(100錠) [SG] ¥4,200¥3,990カートに入れる

GEミオナール錠50mgの関連商品があります。

GEミオナール錠50mgの先発の薬があります。

GEミオナール錠50mgの特徴

GEミオナールはエペリゾン塩酸塩を主成分とするミオナールのジェネリックです。分類としては筋緊張改善薬(肩こりの薬)となっていおり、肩こり、五十肩、腰痛、緊張性頭痛などが適応症となっています。

有効成分であるエペリゾンは筋肉の緊張状態の改善や筋肉が突っ張ったままで動かなくなってしまう痙性麻痺に対して使用する筋肉をほぐす役割をする薬です。

筋肉の緊張状態が続くと周辺に痛みを伴わせてしまいその結果として頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症などを引き起こしてしまいます。また他の病気が原因で筋肉に対する刺激がうまく伝わらず筋肉が硬直してしまい手足をうまく動かせない痙性麻痺の状態を改善します。

ミオナールの成分であるエペリゾンは主に脊髄およびそれよりも上位の中枢に作用して脊髄反射などを制御して筋緊張制御して筋の緊張を緩和作用をもたらします。また血管拡張作用もあり、血流量が増加することも加わって筋肉の緊張をほぐす役割を果たしています。
筋肉の硬直の原因としては痛みや外部からの刺激に対する防御反応である脊髄反射による筋肉の硬直がまず考えられます。つまり、痛みなどの刺激に対しては反射的に筋肉収縮による防御がおこるのですが、これが続くと筋肉の硬直によりそれ自体が痛みを生じます。
ミオナールはこの反射を抑え筋肉がどんどん緊張していくのを防ぐ働きをするということになります。

GEミオナール錠50mgの成分

エペリゾン塩酸塩50mg

GEミオナール錠50mgの用法用量

成人の方は一回一錠(主成分として50mg)を1日3回食後に服用してください。
年齢や症状によって適宜増減してください。

GEミオナール錠50mgの副作用

副作用は主に過敏症(発疹など)、神経症状(眠気、不眠、頭痛等)、消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振等)、全身症状(脱力感、ふらつきなど)が挙げられます。
体調不良や違和感を感じた際には速やかに医師の診察をお受け下さい。

GEミオナール錠50mgの注意事項

脱力感、ふらつき、眠気が現れることがあるため、自動車などの危険をともなう機械の運転は避けるようにしてください。

また、以下に該当する方はご使用をお控えください。
●以前に薬を使用して、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある
●肝臓が悪い
●妊娠または授乳中
●他にも薬などを使用している(お互いに作用を強めたり弱めたりする可能性があります)

この商品を買った人はこんな商品も買っています
GOFEN (イブプロフェン)
GOFEN (イブプロフェン)
GOFEN (イブプロフェン)は、クリアカプセル(リキッドタイプ)で、即効性があります。
インフェンプラスター30mg
インフェンプラスター30mg
非ステロイド系の鎮痛消炎剤です。炎症の痛みを和らげ、外傷後の腫れや痛みの改善に用いられます。
タイレノール
タイレノール
いつでも(空腹時でも)飲めて効く、眠くならない頭痛薬です。 タイレノールは、主に脳(中枢神経)に作用し、痛みや熱をおさえます。
アスピリン
アスピリン
胃腸内での溶解・吸収がすみやかで、効果が早く発現します。
メチコバール錠
メチコバール錠
夜尿や多汗を改善や胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->