ウィンゾロン10mg画像

ウィンゾロン10mg

たんぱく質を変化させ、筋肉を増強させたり骨を丈夫にする働きがあります。
さらに体脂肪燃焼の効果も高いため、筋肉を落とさずに脂肪を減少させることが出来ます。
男性化の影響が出にくいので女性にも人気が高いです。


製 品 名:
Winzolon
製 造 元:
Lloyd Laboratories Inc.
主 成 分:
スタノゾロール 10mg
内 容 量:
150錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ウィンゾロン10mg 1本(150錠) [SG発送] ¥4,500¥4,275カートに入れる
ウィンゾロン10mg 2本(300錠) [SG発送] ¥8,000¥7,600カートに入れる

ウィンゾロン10mgの関連商品があります。

ウィンゾロン10mgの特徴

ウィンゾロン10mgは経口タイプのお薬で、通称「アナボリックステロイド」とも呼ばれています。
たんぱく質を変化させる効果があり、服用することで筋肉を増強させるだけでなく、骨を丈夫にして赤血球を増やす働きも期待できます。

数あるアナボリックステロイドの中でも、ウィンゾロンは男性化の影響が出にくいことから女性にも人気が高いです。
また、体脂肪燃焼の効果が高くて筋肉量の増加が期待できることから、筋肉を落とさずに脂肪を減少させるものとして人気があります。
ダイエットに取り組むとどうしても筋肉が落ちてしまいがちですが、ウィンゾロンを活用することで筋肉を落とすことなくダイエットに取り組むことができます。

ウィンゾロンはたんぱく質の合成を促す効果があるため、怪我や火傷による著しい体力の低下を改善したり、骨髄の機能を高めて赤血球を増殖して貧血等を改善します。
さらに、カルシウムの排泄を抑制することから、骨が脆くなってしまうのを防ぐ働きも期待できます。

ウィンゾロン10mgの成分

スタノゾロール 10mg

ウィンゾロン10mgの用法用量

●通常
1日20mg~30mg(2~3錠)を経口摂取してください。

●貧血・閉経後女性の乳癌・代謝疾患・骨粗鬆症の治療目的の場合
1日50mg(5錠)を2~3週間経口摂取してください。

ウィンゾロン10mgの副作用

副作用が出にくいものですが、まったく可能性がないわけではありませんのでご注意ください。
副作用としては肝障害(顔や胸にニキビができたり、目の周りや肌の色が黄色くなる黄癌)、エストロゲン代謝の低下による女性化乳房の誘発などがあげられます。
その他、なにか異常を感じた際には服用を中止し医師にご相談ください。

ウィンゾロン10mgの注意事項

本剤は胃の調子を悪くする可能性があるので、食後に服用するようにしてください。
たんぱく質を効率的に合成する為には、高たんぱく高カロリーの食事を摂取することが重要です。
妊娠中の方、またはその可能性がある方は服用をお控えください。
また、服用している間にアルコールを摂取すると副作用が現れる危険性が高まりますので注意してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
デキサメタゾン
デキサメタゾン
炎症やアレルギー性の病気の症状を改善するほか、リウマチの症状を抑制する作用などがあります。
クリマラ(女性ホルモン剤)
クリマラ(女性ホルモン剤)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
※外用薬
ミニリン点鼻薬(デスモプレシン)0.1mg
ミニリン点鼻薬(デスモプレシン)0.1mg
記憶力アップや頻尿抑制に使用されるホルモン剤です。
オエストロジェル
オエストロジェル
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
※ゲル外用薬
シクロープロギノバ(エストロゲン)
シクロープロギノバ(エストロゲン)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.asia/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->