商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

プレマリンやプロベラについて

      2016/10/14

女性ホルモンを整えよう

女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンプロベラです。

プレマリンやプロベラについて

女性ならではの疾患や体調不良には、ホルモンバランスが大きく関わっています。
女性の体には月経関連のトラブルや不妊、妊娠などがあります。

また年齢が上がって更年期頃になると、ほてりなどの何かしらの症状が出る女性が多く存在しています。
そんな場合には、ホルモンバランスを整える治療用法が効果的とされています。
そこでよく利用されているのがプレマリンプロベラ
※併用して処方されることもあります。
プレマリンは卵胞ホルモンで、プロベラは黄体ホルモンです。

女性関連の疾患やトラブル、機能に対してホルモン療法は効果的とされており、月経関連や更年期、妊娠や不妊だけでなく、時にはバストアップなどにも効果があるケースもあります。

ただし効果的な治療法ではありますが、時にはその効能が強すぎたりすることもあります。
そうすると肌トラブルやふらつき、精神的なイラつきなどが発症することもありますので、そういった場合は医師に相談し、ホルモン剤の量を軽減してもらうようにしましょう。

またホルモン剤を利用すると体調だけでなく、体系にも変化が出ることがあります。
これは女性ホルモンは脂肪と密接な関係があるので、むくみなどの症状が出るためです。
このような副作用めいたこともありますが、それでも女性疾患関連のトラブルによって体調を崩し、辛い日々を送っている人にとっては、やはりプレマリンプロベラを服用することでホルモンバランスを整えるという用法は、救いになっていることは確かです。

また、適量ならば副作用が出ないケースもありますし、ごく普通に毎日を元気に過ごせるようになるのです。
女性疾患に関しては、予防しようにも原因が分からず、難しい場合も多いです。
それならばホルモン治療に頼るという選択肢も、あって良いのではないでしょうか。

■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております!
⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら
⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら
⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモン

 - ホルモン剤

  関連記事

エストロモンをネットオークション出品はいいのか?
エストロモンをネットオークション出品はいいのか?

エストロモンをネットオークションに出品をしてはいけない理由 オークションサイトでは、なかなかお店などで購入できない、貴重なものを落札して手に入れることができます。 限定品や非売品など、コレクターにとっては喉から手が出るほど欲しいものが、数百円という価格で入札を受け付けているので、マニアでなくても魅力的に感じますよね。 ですが、そんなオークションでは、出品を禁止されている商品もあります。 出品するには、サイトが定めた規定内に収まる商品でなくてはいけません。 薬品関係などは、とくに規定が厳しく、違反をして出品すると、すぐに取り消されたり、最悪の場合IDを削除されてしまうことがあります。 エストロモンなどの薬品が、なぜこのように厳しく制限されているかというと、国内では無認可の薬品であったり、海外では承認されていても、国内ではそうでない薬品などが数多くあるからです。 そのような規定は細かく設定されているため、それを知らずに売りに出してしまう方がいるのです。 エストロモンは、更年期障害の治療に役立っているお薬です。 女性ホルモンの減少を補ってくれるため、更年期の症状を軽減し、また骨粗しょう症の治療にも効果があるといわれ、国内でも承認が待たれているお薬の1つです。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性の更年期障害について
女性の更年期障害について

女性の更年期障害に効果的な薬 更年期障害とは卵巣機能が衰えはじめエストロゲンの欠乏やエストラジオールの欠乏によってホルモンバランスが崩れ、それにより起こる症候群のことをいいます。 更年期が始まる時期は、もっとも多いのは閉経後の50代の女性で早い人だと閉経前の40代の女性にも症状がみられ個人差がある。 主な症状は、(頭痛、ほてり、肩こり、不眠、めまい、月経異常、息切れ、動悸、不安、発汗、冷え、耳鳴り、しびれ、頻尿、疲労感、胃の痛み、吐き気、食欲不振、髪や骨が弱る)など実に様々です。 できれば体調に違和感があれば、更年期になる前に相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておくことが大切です。 早めに専門家に相談することで安心して治療に専念できるはずです。 更年期障害の治療法は3つあり、まず、「ホルモン補充療法」は更年期により、減少したエストロゲンを補充する療法です。 また、場合によって、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。 次に「漢方や市販薬による治療」は多彩な更年期障害の訴えを持つデリケートな女性の身体の仕組みを考えて作られていて手軽に試すことができるので人気があります。 また、うつや不安などの精神神経症状が主たる症状の場合やホルモン補充治療法が効かない場合には「抗うつ薬や抗不安薬を使用して治療する方法」もあります。 どちらの治療法にするにしても更年期とよく似たまぎらわしい症状もあり、中には重篤な病気に発展する恐れのある症状もあります。 自分で更年期と判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。 既に病院の診断で服用するお薬などがわかっている場合は個人輸入などを利用して安く、病院にいく時間も削減することも可能です。 ■T.O.Pではホルモン剤や精神安定剤も多数取扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒抗うつ薬や抗不安薬などの精神安定剤の個人輸入はこちら

女性ホルモン増やすには?
女性ホルモン増やすには?

女性ホルモンを増やすコツを学ぶ 人間の身体の中で、ホルモンというのは重要な役割を担っています。 ホルモンには、男性ホルモン・女性ホルモンの2種類があることを知っておく必要があります。 男性ホルモン・女性ホルモンのいずれも欠かすことのできないホルモンで、しっかりと働き・役割を理解しておかなければなりません。 ホルモンが減少してしまうと、さまざまな弊害が起こるようになってしまうため、ホルモンが減少してきた場合は、適切な対処をする必要があります。 素人の判断で対処をすることは難しいものです。 しっかりと医療機関を受診して、専門医の診察を受けることが望ましいです。 医師のアドバイスを受けながら、ホルモンの調整を行っていきます。 女性ホルモン増やすには、女性ホルモンを増やすための取り組みをしていかなければなりません。 女性ホルモンにしても、男性ホルモンにしても、簡単に増やすことができるわけではないので、十分な時間をかけて取り組むことが大切です。 しっかりと女性ホルモンを増やすことを意識しながら生活していくようにしなければなりません。 常に規則正しい生活をするように心がけていくことが大切です。 どのようなものを摂取する必要があるのか、きちんと医師と相談しながら、生活習慣を見直していきます。 女性ホルモン増やすには、根気強く取り組む気持ちを欠かすことができません。 気を抜いてしまうと、女性ホルモンが再び減少してしまいます。 女性ホルモンを増やすことを意識しながら生活することで改善も可能ですし、サプリメントや漢方、医薬品などでも女性ホルモンを増加させることも出来ます。 勿論、サプリメントの効果は大きな期待はできませんが漢方や医薬品に関しては飲み方をしっかりと守っていけば女性ホルモンを増加させる方法の中では一番効率的にはなります。 ただ、漢方や医薬品には副作用がついてきます。医師ともその部分をしっかりと把握、納得して女性ホルモン剤などの医薬品のご利用を考えてみてください。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン剤 プレモンについて
女性ホルモン剤 プレモンについて

プレモンは、女性ホルモンでも価格No.1とも言えるほど安価な点が特徴です。 エストロモンと同成分・同効果で経済的な「プレモン」が多くの方に選ばれています。 女性特有の更年期障害によって減少する女性ホルモンを補う目的として使用されたり、 男性が女性化する為に、ホルモン剤のプレモンやエストロモンを服用して女性ホルモンを補う事ができます。 プレモンとエストロモンとどう違う?と言った悩みに関しては、特にプレモンはエストロモンのジェネリック薬であり、同成分の結合型エストロゲンを配合しています。 ジェネリックる薬は値段も安く購入す事が出来る所もあり、エストロモンよりも安価なプレモンに切り替える男性や女性も多いようです。 続けて服用するならば安いほうがお財布には優しいでしょう。 男性の女性化を行っていく事ではやはりホルモン剤を投与する事が最適であり、どうしても男性が出てしまう所があっても、ある程度は薬で抑えて行く事が可能です。 性別などにより男性ホルモンが強かったり、女性ホルモンが強かったりする事などあり、そう言った所でコントロールをする事もホルモン剤の役割です。 女性の更年期障害で御悩みの方には、イライラやのぼせ、頭痛などのさまざまな症状に悩まされている方が多いとですが、その症状改善に女性ホルモン剤を服用する女性は増えています。 ジェネリック薬は値段も安く購入する事が出来る所もあり、エストロモンよりも安価なプレモンに切り替える男性や女性も多いようです。 続けて服用するならば安いほうがお財布には優しいでしょう。 プレモンは、女性ホルモンでも価格No.1とも言えるほど安価な点が特徴です。 エストロモンと同成分、同効果で、経済的なプレモンが多くの女性にも選ばれているのです。 プレモンには0.625mgと1.25mgがあります。 通常、結合型エストロゲンとして使用する場合は1日0.625~1.25mgを経口投与します。 もちろん年齢や症状によって服用量を調節する必要がありますので、医師などの診断をしっかりと受けて、そのアドバイスに従って男性の女性化や更年期障害などの悩みを解決していくのが良いでしょう。 ■T.O.Pでは様々な支払い方法をご用意!安心の後払いもOKです。 ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら

女性ホルモン増やすサプリについて
女性ホルモン増やすサプリについて

更年期障害に女性ホルモン増やすサプリ 女性の場合、閉経の前後10年間を更年期といい、女性ホルモンの急激な減少からホルモンバランスが崩れ、のぼせや冷え、動悸や不眠、焦燥感、肩こりや腰痛といったさまざまな不快な症状が現れる「更年期障害」があらわれます。 症状の強さには個人差があり、ほとんど自覚症状を感じない人から仕事や生活に支障をきたすほど重い人までさまざまです。 その症状は単なる疲労と一見区別がつきにくいため、ついつい我慢してしまったり、人に相談できずに悩んでいる人も少なくありません。 こういった症状を改善するためには、その原因となっている女性ホルモンの減少に対処しなくてはなりません。 たとえば、女性ホルモン増やすサプリを使用してホルモンバランスを整える方法があります。 女性ホルモンを増やすサプリはどうやって選んだらいいのでしょうか? まず、成分についてです。 女性ホルモンを増やすサプリに入ってある成分として有名なのが、「プラセンタ」や「ブラックコホシュ」、「レッドクローバー」、「大豆イソフラボン」、「マカ」などがあります。 サプリメントなので作用は穏やかですが、副作用の心配がないので安心して服用ができますね。 ただ、女性ホルモンを増やすサプリを服用してもまったく効かない、症状が良くならない方はどうすればいいのか。 副作用の不安もあると思いますが、症状がひどい場合は漢方や医薬品(ホルモン補充療法(HRT))で治療する方法もあります。 漢方やホルモン剤などの医薬品は副作用のリスクはあるものの作用がしっかり感じることができ、一番治療としては効率がいいです。 医薬品(ホルモン補充療法(HRT))で「プレマリン」やジェネリックの「エストロモン」などがあります。 日本で「プレマリン」はよく処方されております。 ジェネリック薬「エストロモン」は「プレマリン」と効果は同じで、その効果・特徴は女性ホルモンのうちエストロゲン(卵胞ホルモン)を補い、ホルモンバランスを整える作用がある、ということです。 女性に多い骨粗鬆症もエストロゲンの減少と深い関わりがあるため、エストロモンを服用してエストロゲンを補うことで骨粗鬆症の治療にも効果が期待できます。 「用法用量」は、成人で1日に0.625mg~1.25mgを摂取しますが、年齢や症状により調整が必要です。膣炎や機能性出血がある場合は、1日に0.625mg~3.75mgを服用します。 「副作用」としては、乳房に張りや痛みを感じたり、吐き気・嘔吐、食欲不振、あるいはむくみや体重増加などがみられることもあります。 このような症状があらわれたらすぐに医師の診察を受けましょう。 また、ごくまれにですが血栓症を起こすこともあるため、医師の診断を定期的に受けるようにしましょう。 「注意事項」は、使用にあたって用法用量を必ず守ること、また医師の指導の下で服用し、個人の判断で服用量を増減したり急に服用を停止したりしないことです。 この注意事項が守られない場合、ホルモンバランスが乱れて健康を害することがあるので注意が必要です。 本来は更年期障害改善のために作られた薬なので、用法用量をきちんと守って服用する必要があります。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとルトラールについて
プレマリンとルトラールについて

プレマリンとルトラールについて プレマリンもルトラールも女性ホルモンを補う目的で作られたホルモン剤です。 「プレマリン」とはホルモン剤のひとつであり、女性ホルモンを供給するために使用される結合型エストロゲンとなります。 プレマリンのおもな用途としては、更年期障害の諸症状や骨粗しょう症の改善、前立腺がんの治療などに使用される薬です。ホルモン剤は、体調に大きく影響を与える薬となります。 副作用としては、乳房のハリや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。 一方、「ルトラール」は排卵後に卵胞から分泌される黄体ホルモン(女性ホルモン)と同様の作用を示す薬です。 無月経・月経周期異常(生理不順)・月経量異常・卵巣機能不全症・不妊症などを改善する効果があります。 その他にも、ルトラールには前立腺内に取り込まれて、男性ホルモンの働きを抑制する作用もあり、肥大した前立腺を萎縮させて、排尿障害などを改善する効果もあります。 また、ルトラールの副作用については、女性の場合には発疹などの過敏症、肝機能障害、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、不正出血、経血量の変化などが報告されています。 プレマリンとルトラールを同時服用した場合、子宮内膜が潤います。 プレマリンは、排卵前に卵巣から出る卵巣ホルモンであり、子宮内膜の下地を作ります。一方のルトラールは、排卵後に卵巣から出る黄体ホルモンなので、下地の上にしっかりとした内膜をかける効果がります。その内膜が、子宮の境界から剥がれ落ちて、生理になるというわけです。 プレマリンとルトラールという、エストロゲンやプロゲステロンの類似物質である、2つのホルモン剤を同時服用することによって、ホルモンのバランスが正常になり、両ホルモンが正常に分泌されることによって、症状の改善が期待されます。 ■T.O.Pのホルモン剤は品揃え豊富!用途に合わせてお選びいただけます! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロジェルで胸をサイズアップ
エストロジェルで胸をサイズアップ

エストロジェルの使用方法と胸のサイズアップについて 塗りこむだけで体内に女性ホルモンを簡単に補うことできる画期的なジェルです。 エストロジェルとは、腕に塗ることで女性ホルモンであるエストロゲンを補充することができる画期的なジェルです。 主に薬品メーカーや化粧品会社で開発販売されています。 エストロジェルは、更年期障害や閉経、卵巣を摘出した女性に対して女性ホルモンを吸収させるという画期的なジェルです。 腕や太ももに塗るだけで吸収させますので安定した血中濃度を保つことができます。 エストロジェルと胸のサイズアップの関係性ですが、エストロジェルは女性ホルモンにはたらきますので、胸のハリがよくなったり、胸のサイズアップができることで知られています。 ですので、性転換手術をした人がバストアップのためにエストロジェルを使用するということもあります。 エストロジェルの使用方法としては、1日1回、1か月に24日から28日の間に腕や太ももの4センチメートルくらいの範囲内に塗り込むことでバストアップ効果が認められます。 1日1度の塗布する回数については厳守する必要があり、回数以上に塗ることは危険性があります。 塗布すると、1時間はそのままにしておかなければありません。 エストロジェルは、最近ではインターネットでも手軽に購入することができます。 ですが、妊娠中や妊娠の可能性のある女性には使うことができません。 さらに、使用方法や使用期限をきちんと守って使用することが必要不可欠です。 エストロジェルを使用することによって、更年期障害によるほてりや汗などの症状をおさえることができます。 したがってエストロジェルは更年期の女性に長く使用されてきましたが、最近ではバストアップやバストのサイズアップの効果についても期待できるため、若い女性の間でも徐々に広がってきています。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒バストアップにも効果的~エストロジェルの個人輸入はこちら ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら

女性化を切望している男性にはエストロモン
女性化を切望している男性にはエストロモン

女性化を切望している男性にはエストロモンについて エストロモンは、女性ホルモンを補う目的で作られた「プレマリン」のジェネリック薬品です。 成分等はプレマリンと同様ですが、ジェネリック薬品ですので安く入手することができます。 主成分はエストロゲンというホルモンで、プレマリンにも含まれています。 手軽でリーズナブルに女性化ができるので、女性化したい男性に人気になっています。 女性化を目指している方が注意しなければいけない点は一日に5mg服用するということです。 女性化するにはエストロモンは長期にわたって服用することで効果が表れますので、一日の最大摂取量以上を飲んでも効果は同じです。 長期間服用すると男性ホルモンが分泌されなくなりますので、女性化を望んでいる方は服用前によく考えてください。 服用していくとプレマリンの効果により、丸みを帯び、肌を白く保ち、皮膚感覚も敏感になり、乳房も膨らみを帯びてくるようになります。 性同一性障害で悩み、辛い人生になっている方も、よく検討してから服用されることをお薦めします。 男性が服用した場合の副作用ですが、代謝が下がる為に服用前と同じ食生活を続けていると太る可能性があります。 更には、倦怠感・無気力・睡眠が浅くなるかもしれません。長期間の服用により男性機能が衰退しますし、乳がんにかかるリスクも高くなります。 男性が医師の診察を仰いでエストロモンを入手するには性同一性障害のカウンセリングを長期間受ける必要があり、金銭的な負担も大きくなります。 その為リーズナブルで手軽に入手できるエストロモンは女性化したい方に人気となっています。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 ストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンを服用で太る?
プレマリンを服用で太る?

「プレマリンを服用すると太るのか」について プレマリンは、不妊治療などにも使われるお薬であり、エストロゲン剤の一種で、天然ホルモンとなります。 主にエストロゲン(卵巣ホルモン)の分泌が少ない場合に、補充のために使用されます。 排卵を起させる作用や月経を起す作用があるため不妊治療に使用されますが、ほかにも更年期障害・腟炎・卵巣の機能不全・子宮出血の治療に使用されています。 プレマリンは、副作用の多い薬でもありますので、医師の指導のもとで使用するようにしましょう。 「プレマリンを服用で太る?」の質問の答えは、「ノー」です。 女性ホルモンは全体的に、体重が増加して太るというイメージがあるのですが、実際に服用して太ってしまうのは、「ピル」だけとなります。 ピルに含まれる黄体ホルモンの作用によって、体重が増加してしまうというわけです。 プレマリンなどのエストロゲン剤は、ピルのように体重が増加する作用は強くありません。一般的に、ホルモン療法を行うと体調が良くなりますので、その結果、食欲が増します。 そのための体重増加、もしくは「ホルモン剤は太る」とまことしやかに言われており、刷り込みが招く結果だといえます。 ■T.O.Pでは様々なホルモン剤を取り揃えております! ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとエストロモンの違い
プレマリンとエストロモンの違い

プレマリンとエストロモンの違いについて プレマリンもエストロモンも女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンを補う目的で作られたホルモン剤です。 有効成分は共にエストロゲンで、これを服用することにより、女性ホルモンの減少を補うことができます。 両者の関係として、プレマリンは先発医薬品で、エストロモンはそのジェネリック薬という点があります。 処方箋の医薬品は、先発医薬品の特許が切れると他のメーカーが同じ成分の医薬品を製造販売することが可能になります。 こうして販売されているものがジェネリックと呼ばれています。 ジェネリックは後発医薬品とも呼ばれますが、先発医薬品と後発医薬品はその価格において大きな違いがあります。 先発医薬品は巨大な研究開発費を掛けて製造されているので、その費用は当然販売価格に上乗せされていますが、後発医薬品にはそういった費用が掛かっていないので、その分安い価格で販売されています。 ただ、先発薬と後発薬では有効成分が同じでも、添加物に違いがあるなど全く同じという訳ではなく、コーティングの差などで溶ける時間が変わるなど、成分の吸収のされ方にも違いが出てくる場合があります。 価格の面でジェネリックは魅力的ですが、あまりに安さだけを求めるのも考えものです。 全くの偽物や、有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実もあるので、薬剤師のアドバイスを仰いだり、安心してお付き合いできる販売店を確保していくといったことも必要になってきます。   ■T.O.Pでは先発薬からジェネリック薬まで豊富にホルモン剤を取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら