商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

プレマリンとプロベラの飲み方について

      2016/10/14

妊娠薬と避妊薬の効果がある薬剤

女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンプロベラです。

プレマリンとプロベラの飲み方について

プロベラは黄体ホルモンを主に補う薬であり、
プレマリンはエストロゲンを主成分とした女性ホルモンの卵胞ホルモン剤として知られています。

避妊に効果を期待するケースも増えており、そのメカニズムとしては卵巣を刺激し卵胞刺激ホルモンの分泌を滞らせ、卵胞の成長を妨げます。
こうすることにより排卵が起こることがなく、妊娠するリスクがない効果が得られるため利用される女性も増えています。

プロベラは黄体ホルモンに働きかける薬剤であり、子宮内膜を妊娠可能な環境下に導く役割も同時に担っています。

この黄体ホルモンを持つプレベラをプレマリンと服用することが重要で、避妊効果を完全なものにするためには排卵後に卵巣から分泌されるプロゲステロン、いわゆる黄体ホルモンが必要になり、2つの薬剤によって避妊薬としての効果が期待できます。
妊娠薬としても機能し、ホルモンバランスを崩すことで避妊薬としても機能するこの薬剤は医師の診断のもと服用することが大切です。

プレマリンプロベラの飲み方である服用方法についても、プレマリンは規定量の服用ですが、プロベラの場合には目的によって飲み方が異なります。
成人の場合には1日1錠から医師の指示で6錠までを1回から3回に分けて服用します。
続発性無月経目的の場合には、主成分5mgから10mgを経口で10日程度の服用です。

その後の月経の誘発目的では1日10mgを経口で10日間服用しますが、服用方法でポイントとなるのが月経周期に合わせた服用が必要であり、16日目に開始すると月経を誘発してくれる働き方に繋がります。
不安な場合には医師に相談することもリスクを下げるためのポイントにもなります。

■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております!
⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら
⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら
⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモン

 - ホルモン剤

  関連記事

女性化を切望している男性にはエストロモン
女性化を切望している男性にはエストロモン

女性化を切望している男性にはエストロモンについて エストロモンは、女性ホルモンを補う目的で作られた「プレマリン」のジェネリック薬品です。 成分等はプレマリンと同様ですが、ジェネリック薬品ですので安く入手することができます。 主成分はエストロゲンというホルモンで、プレマリンにも含まれています。 手軽でリーズナブルに女性化ができるので、女性化したい男性に人気になっています。 女性化を目指している方が注意しなければいけない点は一日に5mg服用するということです。 女性化するにはエストロモンは長期にわたって服用することで効果が表れますので、一日の最大摂取量以上を飲んでも効果は同じです。 長期間服用すると男性ホルモンが分泌されなくなりますので、女性化を望んでいる方は服用前によく考えてください。 服用していくとプレマリンの効果により、丸みを帯び、肌を白く保ち、皮膚感覚も敏感になり、乳房も膨らみを帯びてくるようになります。 性同一性障害で悩み、辛い人生になっている方も、よく検討してから服用されることをお薦めします。 男性が服用した場合の副作用ですが、代謝が下がる為に服用前と同じ食生活を続けていると太る可能性があります。 更には、倦怠感・無気力・睡眠が浅くなるかもしれません。長期間の服用により男性機能が衰退しますし、乳がんにかかるリスクも高くなります。 男性が医師の診察を仰いでエストロモンを入手するには性同一性障害のカウンセリングを長期間受ける必要があり、金銭的な負担も大きくなります。 その為リーズナブルで手軽に入手できるエストロモンは女性化したい方に人気となっています。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 ストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモンはamazonや楽天で買えるのか?
エストロモンはamazonや楽天で買えるのか?

エストロモンはamazonや楽天、ヤフーショップなどで販売しているのか? 薬にも様々な種類がありますが、女性の悩みの改善に役立つ薬も良く選ばれています。 エストロモンもそのひとつで、これはプレマリンジェネリックとなっています。 古くから利用されている卵胞ホルモン剤で、更年期障害の症状の改善などに役立てられています。 更年期障害は女性ホルモンが減少していくことで起こりますが足りないホルモンを補うことができますし、更年期障害だけではなく卵巣機能不全症や膣炎の改善にも役立ち、そのほかでは尿失禁や骨粗鬆症の予防にも役立つ薬です エストロモンの購入方法については医療機関ではなく、通販で購入したいと考える場合もあります。 通販サイトではamazonアマゾンや楽天市場が有名です。 amazonでは現在「現在在庫切れです。」のページがほとんどです。 また、残念ながら楽天やヤフーショップではエストロモンの取扱いはありません。 こうしたサイトで見つからなかった場合は個人輸入という形で入手することができます。 個人輸入というと難しいイメージもありますが、インターネット上には海外医薬品の個人輸入代行業者が多くありますのでそうしたサイトを通じて購入すれば外国語の知識も必要なく、国内のオンラインショッピングサイトと同じような感覚で注文することができます。 そして個人輸入の場合は薬がかなり低価格で購入できるというメリットもあります。 便利なサービスですが、安全に薬を使うためには正規品を選ぶことが大切ですので、代行業者を利用する場合もできるだけ信頼性の高い、実績の豊富な業者を選ぶことが大切です。 ■T.O.Pの医薬品は正規ライセンスを持つ海外の発送元より純正品を発送しております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンやプレモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら

エストロモンの正しい飲み方
エストロモンの正しい飲み方

女性ホルモンが摂取できるエストロモンの飲み方 更年期障害や卵巣の病気には女性ホルモンを摂取することが有効な手段で、これらの治療薬として開発されたのがエストロモンです。 このエストロモンの副作用としては、頭痛やめまい、腹痛や月経以外の出血、乳房の張りや痛みなどがあります。 この商品は女性だけでなく、性同一性障害の男性にも人気のある商品です。 男性も女性ホルモンを摂取することで女性らしい体になることができます。 しかし、このエストロモンを服用することで女性には出ない副作用もあります。 男性が摂取することでの副作用としては、筋力低下や代謝が悪くなり太りやすくなる、倦怠感や無気力、睡眠障害の他に長期間服用することで乳がんのリスクや精巣の萎縮などもあります。 これらの副作用はありますが、性同一性障害で悩んでいる方には効果的な薬です。 飲み方としては、女性が1日0.625~1.25㎎服用するのに対して、男性の場合は更に多くの量を摂取する必要がありますが、上限としては5㎎以下に抑える必要があります。 年齢や症状によって用量が変わる場合もあるので服用する場合には、美容クリニックなどで医師に相談してください。 個人的に購入することも可能ですが副作用も多く、副作用には個人差もあります。 特に初めての服用は副作用を軽減させるためにも医師による診察や診断はとても重要です。 クリニックによっては、購入できないところもあるようですが、エストロモンに関しては購入できるクリニックの方が多いです。 医師による診察によって、医師が勧める飲み方をすることで安全で安心できる楽しい生活を送ることができます。 ■T.O.Pの医薬品は正規ライセンスを持つ海外の発送元より純正品を発送しております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとルトラールについて
プレマリンとルトラールについて

プレマリンとルトラールについて プレマリンもルトラールも女性ホルモンを補う目的で作られたホルモン剤です。 「プレマリン」とはホルモン剤のひとつであり、女性ホルモンを供給するために使用される結合型エストロゲンとなります。 プレマリンのおもな用途としては、更年期障害の諸症状や骨粗しょう症の改善、前立腺がんの治療などに使用される薬です。ホルモン剤は、体調に大きく影響を与える薬となります。 副作用としては、乳房のハリや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。 一方、「ルトラール」は排卵後に卵胞から分泌される黄体ホルモン(女性ホルモン)と同様の作用を示す薬です。 無月経・月経周期異常(生理不順)・月経量異常・卵巣機能不全症・不妊症などを改善する効果があります。 その他にも、ルトラールには前立腺内に取り込まれて、男性ホルモンの働きを抑制する作用もあり、肥大した前立腺を萎縮させて、排尿障害などを改善する効果もあります。 また、ルトラールの副作用については、女性の場合には発疹などの過敏症、肝機能障害、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、不正出血、経血量の変化などが報告されています。 プレマリンとルトラールを同時服用した場合、子宮内膜が潤います。 プレマリンは、排卵前に卵巣から出る卵巣ホルモンであり、子宮内膜の下地を作ります。一方のルトラールは、排卵後に卵巣から出る黄体ホルモンなので、下地の上にしっかりとした内膜をかける効果がります。その内膜が、子宮の境界から剥がれ落ちて、生理になるというわけです。 プレマリンとルトラールという、エストロゲンやプロゲステロンの類似物質である、2つのホルモン剤を同時服用することによって、ホルモンのバランスが正常になり、両ホルモンが正常に分泌されることによって、症状の改善が期待されます。 ■T.O.Pのホルモン剤は品揃え豊富!用途に合わせてお選びいただけます! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとエストロモンの違い
プレマリンとエストロモンの違い

プレマリンとエストロモンの違いについて プレマリンもエストロモンも女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンを補う目的で作られたホルモン剤です。 有効成分は共にエストロゲンで、これを服用することにより、女性ホルモンの減少を補うことができます。 両者の関係として、プレマリンは先発医薬品で、エストロモンはそのジェネリック薬という点があります。 処方箋の医薬品は、先発医薬品の特許が切れると他のメーカーが同じ成分の医薬品を製造販売することが可能になります。 こうして販売されているものがジェネリックと呼ばれています。 ジェネリックは後発医薬品とも呼ばれますが、先発医薬品と後発医薬品はその価格において大きな違いがあります。 先発医薬品は巨大な研究開発費を掛けて製造されているので、その費用は当然販売価格に上乗せされていますが、後発医薬品にはそういった費用が掛かっていないので、その分安い価格で販売されています。 ただ、先発薬と後発薬では有効成分が同じでも、添加物に違いがあるなど全く同じという訳ではなく、コーティングの差などで溶ける時間が変わるなど、成分の吸収のされ方にも違いが出てくる場合があります。 価格の面でジェネリックは魅力的ですが、あまりに安さだけを求めるのも考えものです。 全くの偽物や、有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実もあるので、薬剤師のアドバイスを仰いだり、安心してお付き合いできる販売店を確保していくといったことも必要になってきます。   ■T.O.Pでは先発薬からジェネリック薬まで豊富にホルモン剤を取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンで不妊治療?
プレマリンで不妊治療?

プレマリンと不妊治療の関連性について 赤ちゃんが欲しいけれど、なかなかできない。表立って言う人は少ないですが、意外とそんな悩みを抱えている方は多いものです。 定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合を不妊症といいますが、その原因は様々です。 その中で、生理不順や無月経、排卵に関する障害が問題となる場合がありますが、こうした原因に対して用いられるものに「プレマリン」があります。 プレマリンとはエストロゲン剤の一種です。 卵巣の中の卵胞が発育して分泌されるエストロゲンというホルモンの分泌が少ないとき、その補充の為に用いられるものです。主な作用は排卵を起こさせること、月経を起こすことです。 プレマリンで不妊治療?と、双方の関連性がいまいちわからず疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、月経や排卵が正しく行われることは、妊娠するための基本です。 そう考えると、それらを引き起こす作用のあるプレマリンが不妊の解決の糸口になることがわかりますね。 では、プレマリンによってどのように不妊治療できるのか?という点について説明します。 不妊治療のひとつに、カウフマン療法というものがあります。 プレマリンともう一種類の薬を一定期間服用することにより、不足しているホルモンを補い、規則的な排卵周期および月経周期を取り戻す治療方法です。 カウフマン療法で治療を行っている間、薬の力によって基礎体温は低体温期・高体温期の変化を規則正しく行いはじめます。 この時点では、身体が正常な生理周期を記憶している最中で排卵自体はないため、薬を服用しはじめてすぐに妊娠するわけではありません。 治療を数か月から半年間継続することで、薬に頼ることなく自然な生理周期を取り戻す可能性があります。 この不妊治療によって、正しい排卵や月経が周期的に行われるようになれば、妊娠する可能性があがると考えられます。 ■T.O.Pのホルモン剤は豊富な品揃えです! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒塗るホルモン剤!エストロジェルの個人輸入はこちら

no image
性同一性障害の原因と治療について

性同一性障害の原因と治療について 性同一性障害というのは思春期の頃に深刻な問題となって表面化します。 この問題は自分自身が感じている自分の性別が実際の自分の体と一致しない場合に起こります。 この性同一性障害の原因は育て方などによる問題が本質ではなく、脳の仕組みが関与する生まれつきの問題であるという認識が一般的です。 そのため原因除去ということは近年まで行うことができませんでした。 最近になって性同一性障害の治療として性転換手術が行われることが聞こえてくるようになりました。 しかしこの手術には相当なリスクがある上、手術によって生殖能力を得ることが出来るわけではありません。 そのため、自分自身の問題を解決する手段としてのみ必要とされる治療なのです。 この障害を抱える人は全世界に一定数存在しています。そのため特定に国に偏った問題ではないというのが現実の様です。 しかしこの様な手術を選択できる人はわずかであり、その多くは自分の性に悩みながらも日々の生活を続けているのです。 実際に障害を抱えている人に合うと、ぱっと見は普通の男性や女性に見えることが多いとされています。 男性の心を持った女性は男性のような見た目に、女性の心を持った男性は女性のような見た目になるように人一倍努力をした結果なのかもしれません。 この問題は現在のところ生まれつきの脳の障害であると考えられており、病気ではないために有効な治療方法というものが確立されているわけではありません。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン剤 プレモンについて
女性ホルモン剤 プレモンについて

プレモンは、女性ホルモンでも価格No.1とも言えるほど安価な点が特徴です。 エストロモンと同成分・同効果で経済的な「プレモン」が多くの方に選ばれています。 女性特有の更年期障害によって減少する女性ホルモンを補う目的として使用されたり、 男性が女性化する為に、ホルモン剤のプレモンやエストロモンを服用して女性ホルモンを補う事ができます。 プレモンとエストロモンとどう違う?と言った悩みに関しては、特にプレモンはエストロモンのジェネリック薬であり、同成分の結合型エストロゲンを配合しています。 ジェネリックる薬は値段も安く購入す事が出来る所もあり、エストロモンよりも安価なプレモンに切り替える男性や女性も多いようです。 続けて服用するならば安いほうがお財布には優しいでしょう。 男性の女性化を行っていく事ではやはりホルモン剤を投与する事が最適であり、どうしても男性が出てしまう所があっても、ある程度は薬で抑えて行く事が可能です。 性別などにより男性ホルモンが強かったり、女性ホルモンが強かったりする事などあり、そう言った所でコントロールをする事もホルモン剤の役割です。 女性の更年期障害で御悩みの方には、イライラやのぼせ、頭痛などのさまざまな症状に悩まされている方が多いとですが、その症状改善に女性ホルモン剤を服用する女性は増えています。 ジェネリック薬は値段も安く購入する事が出来る所もあり、エストロモンよりも安価なプレモンに切り替える男性や女性も多いようです。 続けて服用するならば安いほうがお財布には優しいでしょう。 プレモンは、女性ホルモンでも価格No.1とも言えるほど安価な点が特徴です。 エストロモンと同成分、同効果で、経済的なプレモンが多くの女性にも選ばれているのです。 プレモンには0.625mgと1.25mgがあります。 通常、結合型エストロゲンとして使用する場合は1日0.625~1.25mgを経口投与します。 もちろん年齢や症状によって服用量を調節する必要がありますので、医師などの診断をしっかりと受けて、そのアドバイスに従って男性の女性化や更年期障害などの悩みを解決していくのが良いでしょう。 ■T.O.Pでは様々な支払い方法をご用意!安心の後払いもOKです。 ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら

プレモンを個人輸入する方法は?
プレモンを個人輸入する方法は?

プレモンを個人輸入する方法と購入するときの価格相場はいくらなのか? プレモンはプレマリンのジェネリックで有名な女性ホルモン剤です。 更年期などで女性ホルモンが減少しているときに服用すればホルモンバランスを整えることが出来て、症状を改善することが出来ます。 しかしながら、プレモンは日本では厚生労働省の認可を受けている薬ではないので、日本の薬局では購入することが出来ません。 海外の薬局のみ購入することが出来ます。 では、入手する方法はないのかと言えば、方法はあります。 それは個人輸入(海外からの通販)という方法です。 個人輸入は多くの人が普段の生活で縁があるものではないでしょう。 海外から購入・輸入というと無論、海外との取引となりますから語学力が必要と思われるかもしれませんが、日本語だけで簡単に手続きを行うことが出来ます。 それは個人輸入の代行を行う業者を利用することです。 日本語で個人輸入をする方法は難しいものではなく、通常のネット通販と同じです。 インターネットの検索サイトで、「プレモン 通販」と検索をして、取り扱いをしている個人輸入代行の通販サイトを探します。 続いて商品ページでショッピングカートから注文手続きを行います。 住所、氏名等の必要情報を記入後、支払い手続きを選択します。 業者によっては前払いだけ、カード払いだけということもあるので、決済方法は業者を比較検討する際には確認することをお勧めします。 手続きが済めば、大抵の場合必要事項の段階で入力したメールアドレスに、注文確認メールが届きます。 後は商品が届くのを待つだけです。 海外からの発送となりますから、輸送の時間だけでなく輸入通関手続きもしなければいけないので手元に届くには日数がかかります。 次にプレモンの価格相場はどの程度か?ということですが、1錠が1.25mgの商品と0.625mgの商品があります。 1箱あたり56錠が入っていて、2箱からの注文受付が普通です。 2箱での価格は、1.25mgの商品はおよそ3,700円前後、0.65mgの商品はおよそ2,200円前後が相場です。 しかし、まとめ買いをすれば1箱当たりの価格は下がり、6箱まとめてならば1割以上安くなるので、個人輸入(海外からの通販)をする場合にはまとめ買いをしたほうがお得です。 ■T.O.Pでは様々な支払い方法をご用意!安心の後払いもOKです。 ⇒プレマリンのジェネリック薬 プレモンやエストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら

激安エストロモンはネット通販で
激安エストロモンはネット通販で

激安エストロモンの探し方と購入の際の注意点 更年期障害になり、のぼせやすさやめまい、イライラなどに悩まされている時には、エストロモンの服用がおすすめになってきます。 エストロモンを服用することにより、女性ホルモンを補えるようになってきますので、ホルモンの分泌が減少することにより起こる体調不良も改善しやすくなってくるのです。 ホルモンのバランスによる体調不良を解消するためには、激安エストロモンを購入するのがおすすめになってくるのですが、そのためには通販を利用すると、簡単に安い値段で購入することができます。 通販では、海外から安く輸入することができますので、継続的に使用していきたい方も、定期的に手に入れることができるでしょう。 ただし、激安エストロモンを手に入れるためには、探し方にもこだわるようにしましょう。 通販と言っても、お店ごとに値段が違ってきますので、お店ごとの値段を比較したうえで、安いお店を選ぶかと思います。 ただ注意していただきたいのが、値段だけで選んでしまうと、製造年月日が古いものを送られてしまったり、偽物を送られてしまう可能性も高くなってきます。 値段も商品を選ぶ時には重要になってくるのですが、それ以上に正規品であったり、製造されてから日がたっていない商品であることも大切になるのです。 エストロモンは、直接口に入れるものになってきますので、安い値段であるという点も重視しながら、品質について安全に飲むことができるのかという点から選ぶようにしてください。 ■T.O.Pの医薬品は正規ライセンスを持つ海外の発送元より純正品を発送しております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら