商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

エストロモンの正しい飲み方

   

女性ホルモンが摂取できるエストロモンの飲み方

更年期障害や卵巣の病気には女性ホルモンを摂取することが有効な手段で、これらの治療薬として開発されたのがエストロモンです。

正しい飲み方

このエストロモンの副作用としては、頭痛やめまい、腹痛や月経以外の出血、乳房の張りや痛みなどがあります。

この商品は女性だけでなく、性同一性障害の男性にも人気のある商品です。
男性も女性ホルモンを摂取することで女性らしい体になることができます。
しかし、このエストロモンを服用することで女性には出ない副作用もあります。

男性が摂取することでの副作用としては、筋力低下や代謝が悪くなり太りやすくなる、倦怠感や無気力、睡眠障害の他に長期間服用することで乳がんのリスクや精巣の萎縮などもあります。
これらの副作用はありますが、性同一性障害で悩んでいる方には効果的な薬です。

飲み方としては、女性が1日0.625~1.25㎎服用するのに対して、男性の場合は更に多くの量を摂取する必要がありますが、上限としては5㎎以下に抑える必要があります。
年齢や症状によって用量が変わる場合もあるので服用する場合には、美容クリニックなどで医師に相談してください。
個人的に購入することも可能ですが副作用も多く、副作用には個人差もあります。
特に初めての服用は副作用を軽減させるためにも医師による診察や診断はとても重要です。
クリニックによっては、購入できないところもあるようですが、エストロモンに関しては購入できるクリニックの方が多いです。
医師による診察によって、医師が勧める飲み方をすることで安全で安心できる楽しい生活を送ることができます。

■T.O.Pの医薬品は正規ライセンスを持つ海外の発送元より純正品を発送しております!
⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら
⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら
⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモン

 - ホルモン剤

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

プレマリンとルトラールについて
プレマリンとルトラールについて

プレマリンとルトラールについて プレマリンもルトラールも女性ホルモンを補う目的で作られたホルモン剤です。 「プレマリン」とはホルモン剤のひとつであり、女性ホルモンを供給するために使用される結合型エストロゲンとなります。 プレマリンのおもな用途としては、更年期障害の諸症状や骨粗しょう症の改善、前立腺がんの治療などに使用される薬です。ホルモン剤は、体調に大きく影響を与える薬となります。 副作用としては、乳房のハリや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。 一方、「ルトラール」は排卵後に卵胞から分泌される黄体ホルモン(女性ホルモン)と同様の作用を示す薬です。 無月経・月経周期異常(生理不順)・月経量異常・卵巣機能不全症・不妊症などを改善する効果があります。 その他にも、ルトラールには前立腺内に取り込まれて、男性ホルモンの働きを抑制する作用もあり、肥大した前立腺を萎縮させて、排尿障害などを改善する効果もあります。 また、ルトラールの副作用については、女性の場合には発疹などの過敏症、肝機能障害、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、不正出血、経血量の変化などが報告されています。 プレマリンとルトラールを同時服用した場合、子宮内膜が潤います。 プレマリンは、排卵前に卵巣から出る卵巣ホルモンであり、子宮内膜の下地を作ります。一方のルトラールは、排卵後に卵巣から出る黄体ホルモンなので、下地の上にしっかりとした内膜をかける効果がります。その内膜が、子宮の境界から剥がれ落ちて、生理になるというわけです。 プレマリンとルトラールという、エストロゲンやプロゲステロンの類似物質である、2つのホルモン剤を同時服用することによって、ホルモンのバランスが正常になり、両ホルモンが正常に分泌されることによって、症状の改善が期待されます。 ■T.O.Pのホルモン剤は品揃え豊富!用途に合わせてお選びいただけます! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性の更年期障害について
女性の更年期障害について

女性の更年期障害に効果的な薬 更年期障害とは卵巣機能が衰えはじめエストロゲンの欠乏やエストラジオールの欠乏によってホルモンバランスが崩れ、それにより起こる症候群のことをいいます。 更年期が始まる時期は、もっとも多いのは閉経後の50代の女性で早い人だと閉経前の40代の女性にも症状がみられ個人差がある。 主な症状は、(頭痛、ほてり、肩こり、不眠、めまい、月経異常、息切れ、動悸、不安、発汗、冷え、耳鳴り、しびれ、頻尿、疲労感、胃の痛み、吐き気、食欲不振、髪や骨が弱る)など実に様々です。 できれば体調に違和感があれば、更年期になる前に相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておくことが大切です。 早めに専門家に相談することで安心して治療に専念できるはずです。 更年期障害の治療法は3つあり、まず、「ホルモン補充療法」は更年期により、減少したエストロゲンを補充する療法です。 また、場合によって、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。 次に「漢方や市販薬による治療」は多彩な更年期障害の訴えを持つデリケートな女性の身体の仕組みを考えて作られていて手軽に試すことができるので人気があります。 また、うつや不安などの精神神経症状が主たる症状の場合やホルモン補充治療法が効かない場合には「抗うつ薬や抗不安薬を使用して治療する方法」もあります。 どちらの治療法にするにしても更年期とよく似たまぎらわしい症状もあり、中には重篤な病気に発展する恐れのある症状もあります。 自分で更年期と判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。 既に病院の診断で服用するお薬などがわかっている場合は個人輸入などを利用して安く、病院にいく時間も削減することも可能です。 ■T.O.Pではホルモン剤や精神安定剤も多数取扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒抗うつ薬や抗不安薬などの精神安定剤の個人輸入はこちら

ハイレスで女性化する方法
ハイレスで女性化する方法

ハイレス で女性化してしまう!? 男性ホルモンを抑える薬として認知度が高い 「スピロノラクトン」 皆さん、ハイレス をご存知でしょうか? 女性ホルモン剤の一種で、男女共に割りと安価で使用できるお薬です。 男性ホルモンを抑え、薄毛だったりニキビの治療薬等幅広く効果が期待できるそうなのですが、注意点があります。 それが、「ハイレス で女性化」してしまうという事です。 女性が女性的になるのは嬉しい事ですが、男性の女性化とはどんなものでしょうか? そう、胸の膨らみや体の丸みなんかが出てしまうそうです。 しかしそれは困る事ばかりではありません。 なんと、性同一性障害の方にはメリットが沢山あるのです。 ハイレス とmtf、関係性を知る事で幸せになれる人が増えるかもしれません。 体は男性、でも心は女性。性同一性障害の方の悩みはつきません。 ホルモン治療を続ければ、自然と膨大な金額を使用する事になります。 ですがこのハイレス 、一般的な女性ホルモン剤より少しだけ安価で手に入れることができますのでお財布にも優しいんです。 もちろん手術すればあっという間に女性の体に生まれ変われる場合もありますが、いきなりメスを入れるのは怖いという方にぴったりのお薬。 まずは性同一性障害を専門とする医師にかかり、詳しく相談して使用してみて下さい。 当然ですが、デメリットもあります。 比較的簡単に安価に手に入るとは言え、相性が悪ければ体調を崩すこともあります。 報告されているデメリットでは頭痛めまい吐き気など、日常生活に支障をきたす恐れのあるものもあります。 メリットばかりでなくデメリットもよく説明を受け、用法・用量を守って正しく使うことが大切です。 もし体に合わないと感じた場合はすぐ服用を止め、医師に相談して下さい。 色々な治療目的があると思いますが、相性の合う薬に出会えると良いですね。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒スピロノラクトン(ハイレス 25mg)の個人輸入はこちら ⇒スピロノラクトン(ハイレス 100mg)の個人輸入はこちら

プレマリンで不妊治療?
プレマリンで不妊治療?

プレマリンと不妊治療の関連性について 赤ちゃんが欲しいけれど、なかなかできない。表立って言う人は少ないですが、意外とそんな悩みを抱えている方は多いものです。 定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合を不妊症といいますが、その原因は様々です。 その中で、生理不順や無月経、排卵に関する障害が問題となる場合がありますが、こうした原因に対して用いられるものに「プレマリン」があります。 プレマリンとはエストロゲン剤の一種です。 卵巣の中の卵胞が発育して分泌されるエストロゲンというホルモンの分泌が少ないとき、その補充の為に用いられるものです。主な作用は排卵を起こさせること、月経を起こすことです。 プレマリンで不妊治療?と、双方の関連性がいまいちわからず疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、月経や排卵が正しく行われることは、妊娠するための基本です。 そう考えると、それらを引き起こす作用のあるプレマリンが不妊の解決の糸口になることがわかりますね。 では、プレマリンによってどのように不妊治療できるのか?という点について説明します。 不妊治療のひとつに、カウフマン療法というものがあります。 プレマリンともう一種類の薬を一定期間服用することにより、不足しているホルモンを補い、規則的な排卵周期および月経周期を取り戻す治療方法です。 カウフマン療法で治療を行っている間、薬の力によって基礎体温は低体温期・高体温期の変化を規則正しく行いはじめます。 この時点では、身体が正常な生理周期を記憶している最中で排卵自体はないため、薬を服用しはじめてすぐに妊娠するわけではありません。 治療を数か月から半年間継続することで、薬に頼ることなく自然な生理周期を取り戻す可能性があります。 この不妊治療によって、正しい排卵や月経が周期的に行われるようになれば、妊娠する可能性があがると考えられます。 ■T.O.Pのホルモン剤は豊富な品揃えです! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒塗るホルモン剤!エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモンの副作用について
エストロモンの副作用について

エストロモンの副作用を理解して効果的な治療を エストロモンとは性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬で、プレマリンのジェネリック薬です。 女性ホルモンが不足することによりおこる更年期障害や、卵巣機能不全などを改善する目的で使用されます。 女性は卵巣が元気に働いている時には、卵巣から脳へ正常な信号が送られ、ホルモンの分泌が問題なく行われますが、 年齢を重ねること、ストレスや環境汚染が身体に影響を与え、卵巣の機能に異常をきたすことがあります。 このような状態では、様々な不調が身体にあらわれます。イライラや動悸、めまい、不眠など人によっては大変辛い症が続きます。 そこで、エストロモンなどホルモン薬を投与して症状の緩和をするのですが、ホルモン薬には副作用があると心配になる方が多いと思います。どのような副作用があるのか確認してみましょう。 一般的にめまい、頭痛、嘔吐感、乳房の張りなどがおこる場合多いようですが、しばらく飲み続けることで身体が慣れていき楽になっていくようです。 また、女性化を希望する男性が服用した時には太る、代謝が悪くなる、無気力になるなど、違う副作用がでるようです。 更年期や卵巣機能不全は長期に渡って辛い症状が出ることも多く、気持ちも沈みがちになります。 今では安全に使用できるホルモン薬も増え、自分に合ったものを探しやすくなっていると思われます。   ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン剤を通販・個人輸入での購入について
女性ホルモン剤を通販・個人輸入での購入について

女性ホルモン剤を通販・個人輸入での購入について 女性ホルモン剤をネットで購入しようと探している方は「プレマリン」や「エストロモン」を求めている方が多いのではないでしょうか? エストロモンはちなみに女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック医薬品となっています。 女性ホルモン剤で人気のエストロモンとプレマリンは性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬となっており、閉経前後の時期に少量を使用する事で、更年期障害などの症状を緩和する事が出来ます。のぼせやほてり等の症状の緩和にも効果を発揮しますし、膣の乾燥や尿失禁等の症状にも効果があります。 治療方法等によっても飲み方が違ってきますので、医師に相談して飲む事をおすすめします。 更年期障害等の場合に、エストロモンやプレマリンは黄体ホルモン薬と合わせて飲む必要があります。 指示通りに正しく飲む事が大切です。 女性ホルモン剤ですので、乳房の張りや吐き気や嘔吐等の副作用が起こる事がありますが、飲み慣れていくうちに副作用等は出なくなってきますので、安心して飲んで頂く事が出来ます。 服用している間は、血栓症が起こる心配があります。 ふくらはぎの痛みや、激しい頭痛等の症状が現れた場合には、出来るだけ直ぐに医療機関での診察を受けるようにして下さい。 古くからある卵胞ホルモン薬で女性ホルモンの補充療法で良く利用されてきました。 服用する事で、骨量を増やす事が出来たり骨粗鬆症の予防に効果があると認められています。 女性ホルモン剤を購入する場合には、通販や個人輸入を利用する事でお安く購入する事ができます。 長年の実績がある安心できるお店から通販する事で安心して購入する事が出来ます。 クチコミや知恵袋などネットの情報を駆使して信用のある会社から通販しましょう。   ■T.O.Pではホルモン剤や精神安定剤も多数取扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒抗うつ薬や抗不安薬などの精神安定剤の個人輸入はこちら

プレマリンとプロベラの飲み方について
プレマリンとプロベラの飲み方について

妊娠薬と避妊薬の効果がある薬剤 女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンとプロベラです。 プロベラは黄体ホルモンを主に補う薬であり、 プレマリンはエストロゲンを主成分とした女性ホルモンの卵胞ホルモン剤として知られています。 避妊に効果を期待するケースも増えており、そのメカニズムとしては卵巣を刺激し卵胞刺激ホルモンの分泌を滞らせ、卵胞の成長を妨げます。 こうすることにより排卵が起こることがなく、妊娠するリスクがない効果が得られるため利用される女性も増えています。 プロベラは黄体ホルモンに働きかける薬剤であり、子宮内膜を妊娠可能な環境下に導く役割も同時に担っています。 この黄体ホルモンを持つプレベラをプレマリンと服用することが重要で、避妊効果を完全なものにするためには排卵後に卵巣から分泌されるプロゲステロン、いわゆる黄体ホルモンが必要になり、2つの薬剤によって避妊薬としての効果が期待できます。 妊娠薬としても機能し、ホルモンバランスを崩すことで避妊薬としても機能するこの薬剤は医師の診断のもと服用することが大切です。 プレマリンとプロベラの飲み方である服用方法についても、プレマリンは規定量の服用ですが、プロベラの場合には目的によって飲み方が異なります。 成人の場合には1日1錠から医師の指示で6錠までを1回から3回に分けて服用します。 続発性無月経目的の場合には、主成分5mgから10mgを経口で10日程度の服用です。 その後の月経の誘発目的では1日10mgを経口で10日間服用しますが、服用方法でポイントとなるのが月経周期に合わせた服用が必要であり、16日目に開始すると月経を誘発してくれる働き方に繋がります。 不安な場合には医師に相談することもリスクを下げるためのポイントにもなります。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンの効能や副作用について
プレマリンの副作用について

プレマリンの気になる副作用について プレマリンは卵胞ホルモンが主体となった、いわゆるホルモン剤です。 プレマリンの効能は治療内容によって異なります。 不妊治療では排卵時期をコントロールしたり子宮内膜を厚くするためのホルモン補充が目的で処方されます。 排卵誘発剤を使用して卵巣や脳を刺激した周期の後に、体をリセットする目的でも処方される場合があります。 更年期障害での治療では、閉経後に少量用いることで更年期が原因となる発汗やのぼせ等を抑える効果があります。 また生殖器の萎縮に伴い膣が乾燥したり尿失禁となる症状にも効果があります。 さらに、骨粗鬆症に対しても効果があるとされており、骨量の増加と骨折予防の効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン薬となっています。 プレマリンによる副作用は、主に乳房のハリや痛み、不正出血などです。 ホルモンによる影響ですので一般的には2~3ヶ月程度服用して身体が慣れると副作用が軽快します。 吐き気や嘔吐がある場合も、一定期間服用を続けることで身体が慣れるため徐々になくなっていきます。重い副作用の報告は現在のところありません。 しかし、血栓症には注意が必要です。 特にふくらはぎなどに起きやすいと言われています。痛みやしびれが出てきたら注意しましょう。 激しい胸の痛みや頭痛、めまいなども血栓症の前兆の可能性がありますので処方された病院へ連絡をするようにしましょう。 ■T.O.Pでは豊富にホルモン剤を取り扱っております! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

no image
性同一性障害の原因と治療について

性同一性障害の原因と治療について 性同一性障害というのは思春期の頃に深刻な問題となって表面化します。 この問題は自分自身が感じている自分の性別が実際の自分の体と一致しない場合に起こります。 この性同一性障害の原因は育て方などによる問題が本質ではなく、脳の仕組みが関与する生まれつきの問題であるという認識が一般的です。 そのため原因除去ということは近年まで行うことができませんでした。 最近になって性同一性障害の治療として性転換手術が行われることが聞こえてくるようになりました。 しかしこの手術には相当なリスクがある上、手術によって生殖能力を得ることが出来るわけではありません。 そのため、自分自身の問題を解決する手段としてのみ必要とされる治療なのです。 この障害を抱える人は全世界に一定数存在しています。そのため特定に国に偏った問題ではないというのが現実の様です。 しかしこの様な手術を選択できる人はわずかであり、その多くは自分の性に悩みながらも日々の生活を続けているのです。 実際に障害を抱えている人に合うと、ぱっと見は普通の男性や女性に見えることが多いとされています。 男性の心を持った女性は男性のような見た目に、女性の心を持った男性は女性のような見た目になるように人一倍努力をした結果なのかもしれません。 この問題は現在のところ生まれつきの脳の障害であると考えられており、病気ではないために有効な治療方法というものが確立されているわけではありません。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンやプロベラについて
プレマリンやプロベラについて

女性ホルモンを整えよう 女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンとプロベラです。 女性ならではの疾患や体調不良には、ホルモンバランスが大きく関わっています。 女性の体には月経関連のトラブルや不妊、妊娠などがあります。 また年齢が上がって更年期頃になると、ほてりなどの何かしらの症状が出る女性が多く存在しています。 そんな場合には、ホルモンバランスを整える治療用法が効果的とされています。 そこでよく利用されているのがプレマリンとプロベラ。 ※併用して処方されることもあります。 プレマリンは卵胞ホルモンで、プロベラは黄体ホルモンです。 女性関連の疾患やトラブル、機能に対してホルモン療法は効果的とされており、月経関連や更年期、妊娠や不妊だけでなく、時にはバストアップなどにも効果があるケースもあります。 ただし効果的な治療法ではありますが、時にはその効能が強すぎたりすることもあります。 そうすると肌トラブルやふらつき、精神的なイラつきなどが発症することもありますので、そういった場合は医師に相談し、ホルモン剤の量を軽減してもらうようにしましょう。 またホルモン剤を利用すると体調だけでなく、体系にも変化が出ることがあります。 これは女性ホルモンは脂肪と密接な関係があるので、むくみなどの症状が出るためです。 このような副作用めいたこともありますが、それでも女性疾患関連のトラブルによって体調を崩し、辛い日々を送っている人にとっては、やはりプレマリンとプロベラを服用することでホルモンバランスを整えるという用法は、救いになっていることは確かです。 また、適量ならば副作用が出ないケースもありますし、ごく普通に毎日を元気に過ごせるようになるのです。 女性疾患に関しては、予防しようにも原因が分からず、難しい場合も多いです。 それならばホルモン治療に頼るという選択肢も、あって良いのではないでしょうか。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら