商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

「 月別アーカイブ:2015年05月 」 一覧

プロベラ錠の通販なら信用できるサイトで

プロベラ錠の通販なら信用できるサイトで

  2015/05/29    ホルモン剤

女性ホルモンを整えよう プロベラ錠を通販利用し海外からネット購入するときの価格相場 まずはプロベラ錠が何か知らない人も多いのではないでしょうか。 プロベラとは、女性ホルモン補助製剤のことです。 生理不順や不妊といった女性の黄体ホルモンバランスを補う役割を果たしています。 同じく、黄体ホルモンに効果を発揮させる薬もあるのですが、ホルモンが強く作用してしまい、薬が合わないといった事例も多く出ていますがプロベラの場合、緩やかに効果を発揮させるため安心して使用できる薬品とも言えるでしょう。 最近は、女性も社会進出による晩婚化が進み、いざ出産を考えた時になかなか妊娠できなかったり生理不順に悩まされたりする人が多くなってきました。 日々のストレスや生活環境の変化などから、体に不調を訴える人も多く、それがホルモンバランスの乱れなどにつながってくることも多いのです。 しかし、生理不順などの症状があってもなかなか産婦人科に行かない人が多く、それが最終的に不妊につながってしまうこともその時点ではなかなか気がつきません。 婦人科に行くというのは意外と勇気がいるので、カゼをひいたとか歯が痛むといったように簡単に内科や歯科医院に行くのとはちょっと感覚が違うようです。 そこで最近は、プロベラ錠を通販で海外からネット購入する人も増えてきました。 医薬品は処方箋が必要となってくるのですが、海外からの輸入代行サービスを利用すれば購入することも可能です。 しかし、購入する際は安心、信頼できる輸入代行業者から購入するようにしましょう。 トラブルに巻き込まれないためです。 たとえば「会社の住所がHPに記載されている」、「連絡がとれる電話番号がある」とかなど。 プロベラ錠の価格相場はプロベラ5mgの100錠入りが5,500円~8,000円でプロベラ10mgの100錠入りが8,100円~9,000円となります。GoogleやYahooで検索すれば取り扱い業者による比較はできますから、気になる人は比べて購入すると良いでしょう。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プロベラ5mgの個人輸入はこちら ⇒プロベラ錠10mgの個人輸入はこちら ⇒Provera プロベラ100mgの個人輸入はこちら

育毛剤 ハイレスについて

育毛剤 ハイレスについて

  2015/05/29    ホルモン剤

女性にも育毛・発毛効果をもたらすハイレス ハイレス は、スピロノラクトンを主成分とした、飲むタイプの育毛剤です。 頭皮に塗ってマッサージをしたりする必要はなく、飲むだけで効果を得ることができるため、その手軽さからハイレス で育毛・発毛をしている人は多くいます。 さらにハイレス は、女性も使用可能ということで知られています。 飲むタイプの育毛剤はハイレス 以外にもあるのですが、その多くは男性ホルモンの働きを抑えるというものです。 そのため男性ホルモンが活発すぎることで薄毛になった人にしか、育毛・発毛効果をもたらしません。 女性の場合は、女性ホルモンの分泌量が減少することで抜け毛が増えていくので、男性ホルモンの働きを抑えても、高い育毛・発毛効果は期待できないわけです。 ところがハイレス は、男性ホルモンの働きを抑えつつ、女性ホルモン作用も体にもたらします。 そのため、男性が服用しても女性が服用しても、育毛・発毛効果が出てくるのです。 手軽に飲めるタイプでありながら、なおかつ男女共用ということで、ハイレス は便利な育毛剤として注目を集めています。 また、服用を続けていると、ホルモンバランスが整えられることによって、ニキビ肌の改善効果も出てくるようになります。 さらに、女性ホルモン作用によって乳房が大きくなっていくため、プロポーションを良くするためにも効果的です。 ただし妊娠中の女性は、胎児に悪影響を与える可能性があるため、服用を避けなければなりません。 また、主成分のスピロノラクトンには利尿作用もあるため、腎機能障害のある人も服用を避ける必要があります。 出やすい副作用は頭痛やめまいや吐き気などで、いずれもごく軽い症状で済むのですが、健康上で何らかの問題がある人は、服用前に医師に相談しておく方が安全です。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒スピロノラクトン(ハイレス 25mg)の個人輸入はこちら ⇒スピロノラクトン(ハイレス 100mg)の個人輸入はこちら

プレマリンやプロベラについて

プレマリンやプロベラについて

  2015/05/28    ホルモン剤

女性ホルモンを整えよう 女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンとプロベラです。 女性ならではの疾患や体調不良には、ホルモンバランスが大きく関わっています。 女性の体には月経関連のトラブルや不妊、妊娠などがあります。 また年齢が上がって更年期頃になると、ほてりなどの何かしらの症状が出る女性が多く存在しています。 そんな場合には、ホルモンバランスを整える治療用法が効果的とされています。 そこでよく利用されているのがプレマリンとプロベラ。 ※併用して処方されることもあります。 プレマリンは卵胞ホルモンで、プロベラは黄体ホルモンです。 女性関連の疾患やトラブル、機能に対してホルモン療法は効果的とされており、月経関連や更年期、妊娠や不妊だけでなく、時にはバストアップなどにも効果があるケースもあります。 ただし効果的な治療法ではありますが、時にはその効能が強すぎたりすることもあります。 そうすると肌トラブルやふらつき、精神的なイラつきなどが発症することもありますので、そういった場合は医師に相談し、ホルモン剤の量を軽減してもらうようにしましょう。 またホルモン剤を利用すると体調だけでなく、体系にも変化が出ることがあります。 これは女性ホルモンは脂肪と密接な関係があるので、むくみなどの症状が出るためです。 このような副作用めいたこともありますが、それでも女性疾患関連のトラブルによって体調を崩し、辛い日々を送っている人にとっては、やはりプレマリンとプロベラを服用することでホルモンバランスを整えるという用法は、救いになっていることは確かです。 また、適量ならば副作用が出ないケースもありますし、ごく普通に毎日を元気に過ごせるようになるのです。 女性疾患に関しては、予防しようにも原因が分からず、難しい場合も多いです。 それならばホルモン治療に頼るという選択肢も、あって良いのではないでしょうか。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

トリキュラーとマーベロンの違い

トリキュラーとマーベロンの違いや比較

  2015/05/27    ピルや女性用の薬

トリキュラーとマーベロンの違いと効果や副作用 低用量ピルは、日本で使用できる避妊法の中で一番確実かつ安全性が高い避妊方法といわれています。 また、妊娠を予防するだけではなく、他の効果を求めて飲むこともあります。 例えば、月経が不規則だったり、重い方が使用することによって月経を規則正しくする効果があります。また、子宮内膜症などへの治療効果があります。 さらに、子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなどのリスクを低減させるとされています。 そのほか、ニキビなどの肌荒れの改善にも良いとされております。 病院で低用量ピルを処方する場合、多くの場合はトリキュラーですが、マーベロンという低用量ピルも使用されることがあります。 病院を変えたことなどにより、異なる低用量ピルを処方されることもありますが、移行に際しては不安を覚える方もいることも事実です。 この2つの低用量ピルの移行について起こる問題は多くないのですが、両者の性質を良く知っておくことが必要です。 その違いですが、トリキュラーは第2世代3相性の低用量ピルで、マーベロンは第3世代1相性の低用量ピルです。 どっちが安全性高いのか? トリキュラーは安全性が高いとされておりますが、マーベロンは、服用を始めた時期に吐き気などの副作用が起こりやすいという性質があり、使用の際には少し注意が必要といわれています。 大きな違いは含まれている成分の違いですが、どちらも避妊作用の面ではあまり変わりません。 一般的には、トリキュラーは、不正出血などが少なく、生理不順などに良く効くとされます。 マーベロンは、ニキビなどに良く効くとされています。 両方の効果、副作用をしっかりと理解して服用をしてください。 ■T.O.Pは送料無料でお届け!SSL対応でセキュリティーも万全だから安心! ⇒国内処方の「トリキュラー」と同製品! トリキュラーの海外通販はこちら ⇒オルガノン社が開発した第三世代の1相性ピルマーベロンの海外通販はこちら

トリキュラーの販売元バイエル(Bayer)について

トリキュラーの販売元バイエルについて

  2015/05/27    ピルや女性用の薬

トリキュラーの販売元バイエル(Bayer)について トリキュラーは、妊娠を防ぐ避妊を目的として処方される薬ですが、低用量経口避妊薬いわゆる低用量ピルとして使われる代表的なものです。 不正出血がおこりづらいので生理のコントロールがしやすく暮らしのスケジュールも立てやすいのが特徴でもあります。 また、個人輸入・通販を利用すれば医師の処方が無くても購入が可能であり、入手しやすい点も好評となっています。 こちらの商品を自分で個人輸入・通販を利用して購入する前には、あらかじめ成分やその効果などを詳しく知っておくことが大事です。 なお、国内の医療機関で処方を受ける場合は、健康保険が適用されません。 トリキュラー錠として販売しているのが、製造販売元であるバイエル薬品株式会社(Bayer)です。 使用期限は、製造年月からだと未開封の状態で5年間となっており、箱から出したシートの状態になると6か月と決められています。 トリキュラーは主に妊娠を防ぐために用いられます。ホルモン分泌系に作用して排卵を抑えることや子宮に作用し受精卵の着床を防ぐこと、精子が子宮に入りにくくなることが可能になりますが、これらの効果を最大限活かすには、適切な飲み方を守って服用することが大切です。 正しい服用を行う限り、避妊効果はほぼ確実だとされていますが、あるいは、飲み忘れを含めた場合であっても避妊効果はかなりの高さを実現出来るので、バイエル薬品株式会社いわゆるBayerのトリキュラーは、日本でも人気が高い低用量ピルとして定着しています。 ■T.O.Pはトリキュラーをはじめ各種ピルを豊富に取り揃えております! ⇒国内処方の「トリキュラー」と同製品! トリキュラーの海外通販はこちら

プレマリンとデュファストンについて

プレマリンとデュファストンについて

  2015/05/27    ホルモン剤

プレマリンとデュファストンを用いた「カウフマン療法」について 生理不順などの月経異常や、妊娠を希望する人の不妊症治療として、行なわれる治療法に、「カウフマン療法」というものがあります。 カウフマン療法では、不足しているホルモンを補って、規則的な月経周期、排卵周期を取り戻すことを目的としています。 また、卵巣機能不全の長期化によるホルモン欠落症状の改善、思春期では第2次性徴の発現を促す効果もある治療法です。 カウマン療法の具体的な方法ですが、もっとも一般的な方法は内服法となり、ホルモン剤であるプレマリンとデュファストンが多くの場合用いられています。 正常月経周期では、前半にエストロゲンのみが分泌され、後半にエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。カウフマン療法は、この仕組みをまねしています。 前半にエストロゲン製剤である「プレマリン」を服用し、後半にプロゲステロン製剤である「デュファストン」を服用します。 プレマリンとデュファストンという2つのホルモン剤の内服を医師の指示に従って服用し、内服終了して2日~3日以内に、消退出血が起きます。 次の内服開始がだいたい28日後となり、全体として4週間の周期になります。 消退出血中の1週間は、薬を服用しない「休薬期間」となります。 また、カウフマン療法には内服法以外にも、注射法や貼付法も存在しています。 カウフマン療法自体には、排卵誘発作用はありません。 3か月~6か月間の治療後に、リバウンド現象を利用して、その後の自然排卵周期を目的とする治療法となります。 また、カウフマン療法は人工授精や体外受精などの不妊治療の際に、確実に受精させるために行なわれる治療法でもあります。 初めてデュファストンを服用する際には、吐き気や嘔吐を伴うことがありますが、徐々に体も慣れていきます。デュファストンはプレマリンと同様に、信頼のおける医薬品です。 ■T.O.Pではホルモン剤のジェネリック薬も豊富に取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとルトラールについて

プレマリンとルトラールについて

  2015/05/27    ホルモン剤

プレマリンとルトラールについて プレマリンもルトラールも女性ホルモンを補う目的で作られたホルモン剤です。 「プレマリン」とはホルモン剤のひとつであり、女性ホルモンを供給するために使用される結合型エストロゲンとなります。 プレマリンのおもな用途としては、更年期障害の諸症状や骨粗しょう症の改善、前立腺がんの治療などに使用される薬です。ホルモン剤は、体調に大きく影響を与える薬となります。 副作用としては、乳房のハリや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。 一方、「ルトラール」は排卵後に卵胞から分泌される黄体ホルモン(女性ホルモン)と同様の作用を示す薬です。 無月経・月経周期異常(生理不順)・月経量異常・卵巣機能不全症・不妊症などを改善する効果があります。 その他にも、ルトラールには前立腺内に取り込まれて、男性ホルモンの働きを抑制する作用もあり、肥大した前立腺を萎縮させて、排尿障害などを改善する効果もあります。 また、ルトラールの副作用については、女性の場合には発疹などの過敏症、肝機能障害、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、不正出血、経血量の変化などが報告されています。 プレマリンとルトラールを同時服用した場合、子宮内膜が潤います。 プレマリンは、排卵前に卵巣から出る卵巣ホルモンであり、子宮内膜の下地を作ります。一方のルトラールは、排卵後に卵巣から出る黄体ホルモンなので、下地の上にしっかりとした内膜をかける効果がります。その内膜が、子宮の境界から剥がれ落ちて、生理になるというわけです。 プレマリンとルトラールという、エストロゲンやプロゲステロンの類似物質である、2つのホルモン剤を同時服用することによって、ホルモンのバランスが正常になり、両ホルモンが正常に分泌されることによって、症状の改善が期待されます。 ■T.O.Pのホルモン剤は品揃え豊富!用途に合わせてお選びいただけます! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンとプロベラの飲み方について

プレマリンとプロベラの飲み方について

  2015/05/27    ホルモン剤

妊娠薬と避妊薬の効果がある薬剤 女性ホルモンを補う薬として更年期障害で悩む女性をはじめ、避妊薬として利用する女性も多いのがプレマリンとプロベラです。 プロベラは黄体ホルモンを主に補う薬であり、 プレマリンはエストロゲンを主成分とした女性ホルモンの卵胞ホルモン剤として知られています。 避妊に効果を期待するケースも増えており、そのメカニズムとしては卵巣を刺激し卵胞刺激ホルモンの分泌を滞らせ、卵胞の成長を妨げます。 こうすることにより排卵が起こることがなく、妊娠するリスクがない効果が得られるため利用される女性も増えています。 プロベラは黄体ホルモンに働きかける薬剤であり、子宮内膜を妊娠可能な環境下に導く役割も同時に担っています。 この黄体ホルモンを持つプレベラをプレマリンと服用することが重要で、避妊効果を完全なものにするためには排卵後に卵巣から分泌されるプロゲステロン、いわゆる黄体ホルモンが必要になり、2つの薬剤によって避妊薬としての効果が期待できます。 妊娠薬としても機能し、ホルモンバランスを崩すことで避妊薬としても機能するこの薬剤は医師の診断のもと服用することが大切です。 プレマリンとプロベラの飲み方である服用方法についても、プレマリンは規定量の服用ですが、プロベラの場合には目的によって飲み方が異なります。 成人の場合には1日1錠から医師の指示で6錠までを1回から3回に分けて服用します。 続発性無月経目的の場合には、主成分5mgから10mgを経口で10日程度の服用です。 その後の月経の誘発目的では1日10mgを経口で10日間服用しますが、服用方法でポイントとなるのが月経周期に合わせた服用が必要であり、16日目に開始すると月経を誘発してくれる働き方に繋がります。 不安な場合には医師に相談することもリスクを下げるためのポイントにもなります。 ■T.O.Pでは人気のホルモン剤を各種取り扱っております! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンを服用で太る?

プレマリンを服用で太る?

  2015/05/27    ホルモン剤

「プレマリンを服用すると太るのか」について プレマリンは、不妊治療などにも使われるお薬であり、エストロゲン剤の一種で、天然ホルモンとなります。 主にエストロゲン(卵巣ホルモン)の分泌が少ない場合に、補充のために使用されます。 排卵を起させる作用や月経を起す作用があるため不妊治療に使用されますが、ほかにも更年期障害・腟炎・卵巣の機能不全・子宮出血の治療に使用されています。 プレマリンは、副作用の多い薬でもありますので、医師の指導のもとで使用するようにしましょう。 「プレマリンを服用で太る?」の質問の答えは、「ノー」です。 女性ホルモンは全体的に、体重が増加して太るというイメージがあるのですが、実際に服用して太ってしまうのは、「ピル」だけとなります。 ピルに含まれる黄体ホルモンの作用によって、体重が増加してしまうというわけです。 プレマリンなどのエストロゲン剤は、ピルのように体重が増加する作用は強くありません。一般的に、ホルモン療法を行うと体調が良くなりますので、その結果、食欲が増します。 そのための体重増加、もしくは「ホルモン剤は太る」とまことしやかに言われており、刷り込みが招く結果だといえます。 ■T.O.Pでは様々なホルモン剤を取り揃えております! ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンで不妊治療?

プレマリンで不妊治療?

  2015/05/27    ホルモン剤

プレマリンと不妊治療の関連性について 赤ちゃんが欲しいけれど、なかなかできない。表立って言う人は少ないですが、意外とそんな悩みを抱えている方は多いものです。 定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合を不妊症といいますが、その原因は様々です。 その中で、生理不順や無月経、排卵に関する障害が問題となる場合がありますが、こうした原因に対して用いられるものに「プレマリン」があります。 プレマリンとはエストロゲン剤の一種です。 卵巣の中の卵胞が発育して分泌されるエストロゲンというホルモンの分泌が少ないとき、その補充の為に用いられるものです。主な作用は排卵を起こさせること、月経を起こすことです。 プレマリンで不妊治療?と、双方の関連性がいまいちわからず疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、月経や排卵が正しく行われることは、妊娠するための基本です。 そう考えると、それらを引き起こす作用のあるプレマリンが不妊の解決の糸口になることがわかりますね。 では、プレマリンによってどのように不妊治療できるのか?という点について説明します。 不妊治療のひとつに、カウフマン療法というものがあります。 プレマリンともう一種類の薬を一定期間服用することにより、不足しているホルモンを補い、規則的な排卵周期および月経周期を取り戻す治療方法です。 カウフマン療法で治療を行っている間、薬の力によって基礎体温は低体温期・高体温期の変化を規則正しく行いはじめます。 この時点では、身体が正常な生理周期を記憶している最中で排卵自体はないため、薬を服用しはじめてすぐに妊娠するわけではありません。 治療を数か月から半年間継続することで、薬に頼ることなく自然な生理周期を取り戻す可能性があります。 この不妊治療によって、正しい排卵や月経が周期的に行われるようになれば、妊娠する可能性があがると考えられます。 ■T.O.Pのホルモン剤は豊富な品揃えです! ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら ⇒塗るホルモン剤!エストロジェルの個人輸入はこちら

プレマリンの効能や副作用について

プレマリンの副作用について

  2015/05/27    ホルモン剤

プレマリンの気になる副作用について プレマリンは卵胞ホルモンが主体となった、いわゆるホルモン剤です。 プレマリンの効能は治療内容によって異なります。 不妊治療では排卵時期をコントロールしたり子宮内膜を厚くするためのホルモン補充が目的で処方されます。 排卵誘発剤を使用して卵巣や脳を刺激した周期の後に、体をリセットする目的でも処方される場合があります。 更年期障害での治療では、閉経後に少量用いることで更年期が原因となる発汗やのぼせ等を抑える効果があります。 また生殖器の萎縮に伴い膣が乾燥したり尿失禁となる症状にも効果があります。 さらに、骨粗鬆症に対しても効果があるとされており、骨量の増加と骨折予防の効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン薬となっています。 プレマリンによる副作用は、主に乳房のハリや痛み、不正出血などです。 ホルモンによる影響ですので一般的には2~3ヶ月程度服用して身体が慣れると副作用が軽快します。 吐き気や嘔吐がある場合も、一定期間服用を続けることで身体が慣れるため徐々になくなっていきます。重い副作用の報告は現在のところありません。 しかし、血栓症には注意が必要です。 特にふくらはぎなどに起きやすいと言われています。痛みやしびれが出てきたら注意しましょう。 激しい胸の痛みや頭痛、めまいなども血栓症の前兆の可能性がありますので処方された病院へ連絡をするようにしましょう。 ■T.O.Pでは豊富にホルモン剤を取り扱っております! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

ハイレスで女性化する方法

ハイレスで女性化する方法

  2015/05/25    ホルモン剤

ハイレス で女性化してしまう!? 男性ホルモンを抑える薬として認知度が高い 「スピロノラクトン」 皆さん、ハイレス をご存知でしょうか? 女性ホルモン剤の一種で、男女共に割りと安価で使用できるお薬です。 男性ホルモンを抑え、薄毛だったりニキビの治療薬等幅広く効果が期待できるそうなのですが、注意点があります。 それが、「ハイレス で女性化」してしまうという事です。 女性が女性的になるのは嬉しい事ですが、男性の女性化とはどんなものでしょうか? そう、胸の膨らみや体の丸みなんかが出てしまうそうです。 しかしそれは困る事ばかりではありません。 なんと、性同一性障害の方にはメリットが沢山あるのです。 ハイレス とmtf、関係性を知る事で幸せになれる人が増えるかもしれません。 体は男性、でも心は女性。性同一性障害の方の悩みはつきません。 ホルモン治療を続ければ、自然と膨大な金額を使用する事になります。 ですがこのハイレス 、一般的な女性ホルモン剤より少しだけ安価で手に入れることができますのでお財布にも優しいんです。 もちろん手術すればあっという間に女性の体に生まれ変われる場合もありますが、いきなりメスを入れるのは怖いという方にぴったりのお薬。 まずは性同一性障害を専門とする医師にかかり、詳しく相談して使用してみて下さい。 当然ですが、デメリットもあります。 比較的簡単に安価に手に入るとは言え、相性が悪ければ体調を崩すこともあります。 報告されているデメリットでは頭痛めまい吐き気など、日常生活に支障をきたす恐れのあるものもあります。 メリットばかりでなくデメリットもよく説明を受け、用法・用量を守って正しく使うことが大切です。 もし体に合わないと感じた場合はすぐ服用を止め、医師に相談して下さい。 色々な治療目的があると思いますが、相性の合う薬に出会えると良いですね。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒スピロノラクトン(ハイレス 25mg)の個人輸入はこちら ⇒スピロノラクトン(ハイレス 100mg)の個人輸入はこちら

エストロジェルの通販なら信頼できるサイトで

エストロジェルの通販なら信用できるサイトで

  2015/05/25    ホルモン剤

ホルモンバランスを整えるエストロジェル エストロジェルとは女性の更年期障害の治療法である「ホルモン補充療法(HRT)」に使用される薬で、エストラジオール外用のものです。 エストラジオールとはエストロゲン(卵胞ホルモン)に含まれる成分のひとつで、卵胞の発育状態を確認する指標としても利用されます。 エストロジェルは化粧品メーカーの資生堂が1995年に開発に着手し、2006年に販売承認を取得しました。 そのエストロジェルは一本のチューブで約60日から70日分位使用できる量が入っています。 金額は様々です。海外からネット購入することもできるため、ネットで購入する人もたくさんいます。 エストロジェルを通販で購入する場合、「エストロジェル 個人輸入」や「エストロジェル 通販」とGoogle、Yahooで検索するとたくさんヒットすると思います。 エストロジェルの価格相場は2,400円~3,000円で、この相場を大幅に超える金額で販売しているサイトは注意が必要です。 エストロジェルはホルモンバランスを整える効果がありますが、副作用もあるため注意が必要です。 副作用には、呼吸困難やむくみ、じん麻疹などのアナフィラキシー様の症状や、息切れや胸痛を引き起こす、血栓栓静脈炎などがあります。 また、皮膚刺激を引き起こすこともあるため、塗布位置を変える必要があります。 主に女性が使用するエストロジェルですが、最近、男性の方が使用する場合もあるようです。 どのような男性が使用しているかというと、女性に憧れ、女性化を目指している男性たちです。 このような男性たちはエストロジェルを体に塗ることで、胸を大きくしたり、体毛を薄くするといった効果を期待しているようです。 これらの効果は女性の体にも期待出来るため、更年期障害に悩んでいる方以外にも購入されている方もいます。 継続利用することで、効果も大きくなることが期待できるため、毎日の使用が大切です。 価格相場を参考にしながら信頼のできるサイトで購入してください。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら

エストロジェルで胸をサイズアップ

エストロジェルで胸をサイズアップ

  2015/05/25    ホルモン剤

エストロジェルの使用方法と胸のサイズアップについて 塗りこむだけで体内に女性ホルモンを簡単に補うことできる画期的なジェルです。 エストロジェルとは、腕に塗ることで女性ホルモンであるエストロゲンを補充することができる画期的なジェルです。 主に薬品メーカーや化粧品会社で開発販売されています。 エストロジェルは、更年期障害や閉経、卵巣を摘出した女性に対して女性ホルモンを吸収させるという画期的なジェルです。 腕や太ももに塗るだけで吸収させますので安定した血中濃度を保つことができます。 エストロジェルと胸のサイズアップの関係性ですが、エストロジェルは女性ホルモンにはたらきますので、胸のハリがよくなったり、胸のサイズアップができることで知られています。 ですので、性転換手術をした人がバストアップのためにエストロジェルを使用するということもあります。 エストロジェルの使用方法としては、1日1回、1か月に24日から28日の間に腕や太ももの4センチメートルくらいの範囲内に塗り込むことでバストアップ効果が認められます。 1日1度の塗布する回数については厳守する必要があり、回数以上に塗ることは危険性があります。 塗布すると、1時間はそのままにしておかなければありません。 エストロジェルは、最近ではインターネットでも手軽に購入することができます。 ですが、妊娠中や妊娠の可能性のある女性には使うことができません。 さらに、使用方法や使用期限をきちんと守って使用することが必要不可欠です。 エストロジェルを使用することによって、更年期障害によるほてりや汗などの症状をおさえることができます。 したがってエストロジェルは更年期の女性に長く使用されてきましたが、最近ではバストアップやバストのサイズアップの効果についても期待できるため、若い女性の間でも徐々に広がってきています。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒バストアップにも効果的~エストロジェルの個人輸入はこちら ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら

エストロモンをネットオークション出品はいいのか?

エストロモンをネットオークション出品はいいのか?

  2015/05/25    ホルモン剤

エストロモンをネットオークションに出品をしてはいけない理由 オークションサイトでは、なかなかお店などで購入できない、貴重なものを落札して手に入れることができます。 限定品や非売品など、コレクターにとっては喉から手が出るほど欲しいものが、数百円という価格で入札を受け付けているので、マニアでなくても魅力的に感じますよね。 ですが、そんなオークションでは、出品を禁止されている商品もあります。 出品するには、サイトが定めた規定内に収まる商品でなくてはいけません。 薬品関係などは、とくに規定が厳しく、違反をして出品すると、すぐに取り消されたり、最悪の場合IDを削除されてしまうことがあります。 エストロモンなどの薬品が、なぜこのように厳しく制限されているかというと、国内では無認可の薬品であったり、海外では承認されていても、国内ではそうでない薬品などが数多くあるからです。 そのような規定は細かく設定されているため、それを知らずに売りに出してしまう方がいるのです。 エストロモンは、更年期障害の治療に役立っているお薬です。 女性ホルモンの減少を補ってくれるため、更年期の症状を軽減し、また骨粗しょう症の治療にも効果があるといわれ、国内でも承認が待たれているお薬の1つです。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン増やすサプリについて

女性ホルモン増やすサプリについて

  2015/05/25    ホルモン剤

更年期障害に女性ホルモン増やすサプリ 女性の場合、閉経の前後10年間を更年期といい、女性ホルモンの急激な減少からホルモンバランスが崩れ、のぼせや冷え、動悸や不眠、焦燥感、肩こりや腰痛といったさまざまな不快な症状が現れる「更年期障害」があらわれます。 症状の強さには個人差があり、ほとんど自覚症状を感じない人から仕事や生活に支障をきたすほど重い人までさまざまです。 その症状は単なる疲労と一見区別がつきにくいため、ついつい我慢してしまったり、人に相談できずに悩んでいる人も少なくありません。 こういった症状を改善するためには、その原因となっている女性ホルモンの減少に対処しなくてはなりません。 たとえば、女性ホルモン増やすサプリを使用してホルモンバランスを整える方法があります。 女性ホルモンを増やすサプリはどうやって選んだらいいのでしょうか? まず、成分についてです。 女性ホルモンを増やすサプリに入ってある成分として有名なのが、「プラセンタ」や「ブラックコホシュ」、「レッドクローバー」、「大豆イソフラボン」、「マカ」などがあります。 サプリメントなので作用は穏やかですが、副作用の心配がないので安心して服用ができますね。 ただ、女性ホルモンを増やすサプリを服用してもまったく効かない、症状が良くならない方はどうすればいいのか。 副作用の不安もあると思いますが、症状がひどい場合は漢方や医薬品(ホルモン補充療法(HRT))で治療する方法もあります。 漢方やホルモン剤などの医薬品は副作用のリスクはあるものの作用がしっかり感じることができ、一番治療としては効率がいいです。 医薬品(ホルモン補充療法(HRT))で「プレマリン」やジェネリックの「エストロモン」などがあります。 日本で「プレマリン」はよく処方されております。 ジェネリック薬「エストロモン」は「プレマリン」と効果は同じで、その効果・特徴は女性ホルモンのうちエストロゲン(卵胞ホルモン)を補い、ホルモンバランスを整える作用がある、ということです。 女性に多い骨粗鬆症もエストロゲンの減少と深い関わりがあるため、エストロモンを服用してエストロゲンを補うことで骨粗鬆症の治療にも効果が期待できます。 「用法用量」は、成人で1日に0.625mg~1.25mgを摂取しますが、年齢や症状により調整が必要です。膣炎や機能性出血がある場合は、1日に0.625mg~3.75mgを服用します。 「副作用」としては、乳房に張りや痛みを感じたり、吐き気・嘔吐、食欲不振、あるいはむくみや体重増加などがみられることもあります。 このような症状があらわれたらすぐに医師の診察を受けましょう。 また、ごくまれにですが血栓症を起こすこともあるため、医師の診断を定期的に受けるようにしましょう。 「注意事項」は、使用にあたって用法用量を必ず守ること、また医師の指導の下で服用し、個人の判断で服用量を増減したり急に服用を停止したりしないことです。 この注意事項が守られない場合、ホルモンバランスが乱れて健康を害することがあるので注意が必要です。 本来は更年期障害改善のために作られた薬なので、用法用量をきちんと守って服用する必要があります。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

エストロモンで胸が大きくなる?

エストロモンで胸が大きくなる?

  2015/05/22    ホルモン剤

エストロモンが胸を大きくする理由 エストロモンには女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンを補う事ができる飲み薬で、主に更年期障害の治療薬として使われています。 更年期は閉経を挟んで10年間続き、様々な不調にみまわれます。この時期になると卵巣の機能が衰えてくるので、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減ってきます。 そのため自律神経の働きが悪くなり、ぼせや突然の発汗、冷え、イライラ、腰痛、不眠などが起こってくるのです。 女性ホルモンを補う事でこれらの不調を改善する事ができ、辛い更年期を楽に過ごす事ができます。また女性ホルモンは骨を強くする働きをしているため、骨粗しょう症の治療に用いられる事もあります。 女性にとって大切な働きをしている女性ホルモンは思春期になると分泌されるようになります。 そして胸を大きくしたり女性らしい体つきを作る働きをします。 丸みを帯びた女性特有の体型は、女性ホルモンが分泌されるためにできるものです。 思春期にストレスや栄養が足りないためホルモンの分泌が少ないと、胸の発達が妨げられる事があります。 女性ホルモンを補う働きをするエストロモンを服用すると胸が大きくなるのはこの為です。 また女性ホルモンは肌を滑らかにしたり、髪の毛の量を増やしたり美しくする働きもします。 そのためエストロモンを服用する事で、より若々しい女性らしい外観になることもできます。 本来は更年期障害改善のために作られた薬なので、用法用量をきちんと守って服用する必要があります。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒プレマリンの個人輸入はこちら ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒パッチ剤でかぶれるという方に~エストロジェルの個人輸入はこちら

女性ホルモン剤 プレモンについて

女性ホルモン剤 プレモンについて

  2015/05/22    ホルモン剤

プレモンは、女性ホルモンでも価格No.1とも言えるほど安価な点が特徴です。 エストロモンと同成分・同効果で経済的な「プレモン」が多くの方に選ばれています。 女性特有の更年期障害によって減少する女性ホルモンを補う目的として使用されたり、 男性が女性化する為に、ホルモン剤のプレモンやエストロモンを服用して女性ホルモンを補う事ができます。 プレモンとエストロモンとどう違う?と言った悩みに関しては、特にプレモンはエストロモンのジェネリック薬であり、同成分の結合型エストロゲンを配合しています。 ジェネリックる薬は値段も安く購入す事が出来る所もあり、エストロモンよりも安価なプレモンに切り替える男性や女性も多いようです。 続けて服用するならば安いほうがお財布には優しいでしょう。 男性の女性化を行っていく事ではやはりホルモン剤を投与する事が最適であり、どうしても男性が出てしまう所があっても、ある程度は薬で抑えて行く事が可能です。 性別などにより男性ホルモンが強かったり、女性ホルモンが強かったりする事などあり、そう言った所でコントロールをする事もホルモン剤の役割です。 女性の更年期障害で御悩みの方には、イライラやのぼせ、頭痛などのさまざまな症状に悩まされている方が多いとですが、その症状改善に女性ホルモン剤を服用する女性は増えています。 ジェネリック薬は値段も安く購入する事が出来る所もあり、エストロモンよりも安価なプレモンに切り替える男性や女性も多いようです。 続けて服用するならば安いほうがお財布には優しいでしょう。 プレモンは、女性ホルモンでも価格No.1とも言えるほど安価な点が特徴です。 エストロモンと同成分、同効果で、経済的なプレモンが多くの女性にも選ばれているのです。 プレモンには0.625mgと1.25mgがあります。 通常、結合型エストロゲンとして使用する場合は1日0.625~1.25mgを経口投与します。 もちろん年齢や症状によって服用量を調節する必要がありますので、医師などの診断をしっかりと受けて、そのアドバイスに従って男性の女性化や更年期障害などの悩みを解決していくのが良いでしょう。 ■T.O.Pでは様々な支払い方法をご用意!安心の後払いもOKです。 ⇒プレマリンのジェネリック薬 エストロモンの個人輸入はこちら ⇒先発薬プレマリンの個人輸入はこちら

ピルの副作用を詳しくご紹介

ピルの副作用を詳しくご紹介

  2015/05/10    ピルや女性用の薬

ピルの副作用について かつては避妊目的でのピルの使用は認められておらず、月経のトラブルを治療する目的で中・高用量ピルを必要に応じて避妊用として用いていましたが、現在の日本では低用量ピルの使用が認可されるようになりました。 ピルとは女性ホルモンの作用を利用した避妊薬で排卵の抑制や子宮内膜の増殖の抑制、精子の侵入を防ぐ効果があります。 勿論、避妊だけではなく月経痛の軽減や月経不順の改善、子宮内膜症の予防と改善、また女性特有の様々な病気の予防や改善などの効果があります。 その為、避妊を目的とせず月経や病気治療の為にピルを利用する女性は少なくありません。 中・高用量ピルに比べて、低用量ピルの副作用は大幅に軽減されていますが、全くないわけではありません。 ピルは通常、月経周期に合わせて服用します。 薬を服用しない休薬期間に月経様の出血などが起こります。 またその期間に卵胞が発育する為、薬を飲み忘れてしまうと避妊効果はなくなり妊娠が可能になります。 特に避妊効果を目的としている方は毎日決まった時間に、休薬期間の後は必ず服用するように注意しなければなりません。 ピルの副作用の主なものとして吐き気や乳房の痛み、頭痛やむくみなどの妊娠初期症状に似た症状があります。 これはアフターピルにも見られる症状で、アフターピルの場合は服用後2時間以内に吐き気があり嘔吐してしまうと薬の効果が得られず妊娠の可能性があります。 その為、アフターピルを服用した直後に嘔吐した場合は直ちに医師の指示を受け薬を飲み直す必要があります。 多くの場合、ピルの副作用は服用初期に身体が慣れずに起こるもので服用し続けることで治まります。4~5日程度で治まることが殆どですが、長くても2~3サイクルの期間飲み続けることで症状はなくなります。 それ以上続くようであれば、医師に相談し薬の種類を変えるなどの対処が必要になります。 ■T.O.PではSSLのセキュリティ機能を採用は勿論、海外発送商品は全て送料が無料です! ⇒トリキュラーの海外通販はこちら